欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

フィルター越しの彼は本当の彼ですか?

f:id:koot023:20200501160446j:plain

 

 

こんにちは、ERENAです。

 

 

突然ですが、

あなたはいつも彼のことをどんなフィルターを通して見ていますか?

 

 

色眼鏡ってありますよね?

「フィルター」は、この色眼鏡を想像してもらえたらいいなと思います。

赤いレンズを入れたら、視界が赤く見えて、

青いレンズを入れたら、視界が青く見える。

 

 

メガネやコンタクトもそうですけど、

度数を上げれば、視界がハッキリ見えるようになって、

度数を下げれば、視界がぼやけて見えるようになりますよね。

 

 

私たちは普段、自分では気付いてはいませんが、

色眼鏡という名のフィルターを通して、相手を見ています。

 

そして、相手ごとに使っているフィルターも違ったりします。

 

 

違うというか、自分でも無意識のうちに、

相手ごとに使い分けている、というのが正しいかもしれません。

 

 

あなたが好きな彼は、どんな人ですか?

あなたからはどんな人に見えていますか?

 

 

 

実はアドラー心理学で、「認知論」というものがあります。

 

人間は自分が見たいものしか見ていない

自分が見たいように現実世界を見ている

 

というものです。 

 

これが「色眼鏡/フィルター越しで見ている」ということと

同じことを表しているのですが、

それにより、勘違いを起こしてしまったり、

相手を冷静に見ることが出来なくなってしまうことが実は多々あります。

 

 

今回は、本当の彼を知るために必要な

「フィルター」にフォーカスを当てながら書いていきたいと思います。

  

 

【今日の目次♪】

 

 

 

フィルターを変えれば見える景色が変わる

 

前回の記事では、

男の本音は、トータルの行動に全て現れるよ という話をしました。

 

www.abayoo.biz

 

 

これは、【行動】にのみフォーカスを当てて見ていくことで、

【言葉】+【行動】からだと理解できなかった男の本音を知ることができるんですね。

 

人間、言葉ではいくらでも嘘はつけても、行動では嘘をつくことが出来ません

 

女性は言語のコミュニケーションを求める生き物なので、

ついつい男の「言葉」を信じてしまいます。

 

が、

 

【言葉】+【行動】が伴っていれば矛盾は感じません。

矛盾を感じるのは、いつだって両方が伴っていない時。

 

 

矛盾を感じたとき、女性は男の本音が分からなくなるのです。

 

 

今までは

「言葉+行動を見るフィルター」をかけていたところを、

「行動のみを見るフィルター」にかけ替えることで、

これまで見えなかったものが見えてくる。

 

 

 

フィルターは一つではありません。

自分でいくらでも様々なフィルターをかえることは出来ます。

そして、そのフィルター次第で、見えてくる景色が違うのです。

 

 

人間は自分のとって都合よく相手を見てしまう生き物

 

このフィルターですが、

普段私たちは、常に自分の好きなフィルターを通して相手を見ています。

 

言い方を変えれば、

「自分にとって”都合よく”相手を見ている」わけなのです。 

 

 

そしてフィルター自体は特に悪いものではありません。

色々な種類のフィルターを持っていれば、

それだけ相手のことをより深く理解することが出来ます。

 

 

何故なら、色んな視点から彼を見ることが出来るから。

 

 

多角的に彼を見ることが出来ていると、本当の彼を知る上で大いに役立ちます。

 

 

よく女性でありがちな「恋は盲目状態」。 

これは、結構危険なフィルターががっつり掛かってしまっている時だったりします。

 

 

私が最近ハマっているマンガがあるんですが、

「潜熱」という女子大生とヤクザの恋愛物語。

潜熱(1) (ビッグコミックス)

潜熱(1) (ビッグコミックス)

  • 作者:野田彩子
  • 発売日: 2017/02/10
  • メディア: Kindle版
 

 

主人公の女子大生は、とても清楚で真面目で男性経験がほとんどないピュアな女の子。

 

ある日、主人公が働くコンビニに毎日タバコを買いに来る男性が現れるのですが、

その男性は40代、妻子あり、更にヤクザなイケオジ。

妻子がありながら、キャバクラには良く行くし、常に周りに女性がたくさんいるタイプ。

そんな男性だとはつゆ知らずに、主人公は、いつしかその男性に惹かれていきます。

 

 

主人公視点だと、この男性は「優しい人」という風にうつっています。

大人な雰囲気があって、余裕があって、どこか影がある。

 完全一つのフィルターのみで彼を見てしまっている状態。

 

 

ただ物語が徐々に進んでいく中で、

主人公は彼の「本当の姿」を知る機会が増えていきます。

 

 

彼のこれまでの背景には、色々な問題があるのですが、

主人公はそれでも彼のことを嫌いにはなれず、反対に思いは募るばかり。

 

主人公の友人も、

「あの人はやめたほうがいい!」と止めるけれども、時既に遅し。

 

 

主人公は、彼が与えてくれる言葉や優しさに心を打たれて、

どんどん夢中になっていってしまい、

彼が過去にヒドイことをしてきた事実を知っても、好きな気持ちは変わらないまま。

 

そしてどんどん危険な恋愛にのめり込んでいく・・・というストーリーです。

 

 

これ、現実世界でもよくあります。

 

 

人間、自分にとって都合の良い方に物事を捉えようとする生き物です。

 

 

本当は気づいているのに、気づかないふりをして、

正当化するための理由を並べ、都合の悪いことから目を背けようとするのです。

 

 

そうなっている状態の時は、

自分にとって全てが都合よく見えるフィルターを通して彼を見ているんですね。

 

 

何故なら、

「真実が見えるフィルター」をかけたら、辛い現実を目の当たりにしてしまうから。

自分が認めたくない現実を知らなければいけなくなるから。

 

 

このような状態が続いていくと、「本当の彼」が分からなくなります。

 

 

同じものを見ていもフィルターが違えば、それは「違うもの」になってしまう

 

昔、ダメ男と付き合っている友達がいました。

女癖が悪いし、嘘ばっかりつくし、ちゃんと働かないし、

お金が無くなれば友達にお金をせびるような男性でした。

 

第三者の私から見たら、

明らかに「そんな彼のどこがいいんだ!」と思いました。

実際、「早く別れた方がいいよ!」ってアドバイスしたこともあります。

 

 

第三者の人間は、ダメ男の彼を「現実が見えるフィルター」で見ているから、

彼がいかにダメなのか、付き合うに値しない男性なのかが分かりますが、

ダメ男と離れられなかった友達は、この時完全に

「自分にとって都合がよく見えるフィルター」を通して彼を見ていたんですね。

 

 

お互い同じものを見ていても、かけているフィルターが違うだけで、

全く違うものを見ているかのような摩訶不思議現象が起きてくるんです。

 

 

この場合も、私と友達は同じ彼を見てはいたけれど、

互いにそれぞれ違うフィルターを通して彼を見てしまっていたんです。

だから、私から見える彼と、友達から見える彼では全然違っていて、

友達からは「素敵な彼」にしか見えていなかったんですね。

 

 

 

 

「イケメン=遊び人」という強力フィルターで男を見ていた美女のもったいない話

 

イケメンでカッコいい男性に出会ったとき。

あなたはまず、どんな風に感じますか?

 

たぶん、多くの女性は

「この人絶対モテるだろうな~」と感じると思います。

女性にも困って無さそうだな~とか。

 

 

こういう時、

モテそうな男性だなと感じる

 ↓

更に「遊んでそうだな」と思ったとします。

 

昔、イケメンの男性でこっぴどく痛い目を見たことがある女性なんかは、

イケメン=遊び人=危険!と判断するようになってしまって、

そこから相手のことを「遊び人」というフィルターで見るようになります。

 

 

それは決して悪いことじゃありません。

イケメン=遊び人かも!と、事前に危険を察知しておけていると、

彼に甘いセリフをささやかれたりしても、惑わされることはないですからね。

 

 

で、「遊び人」というフィルターで彼のことを見始めるようになったときに

どんなことが起きるか?というと、

彼が口説いてきたり、マメに連絡をくれたり、

何かとあなたに対して好意を示す行動をとっていたりしても、

フィルターがあるので、彼からのアプローチに対して冷静でいることが出来ます。

と同時に、彼の言動すべてを「どうせ遊びでしょ」と捉えてしまうようになります。

 

 

ただ、モテる男は遊んでる人が多いので、

イケメンに対しては、このくらいのフィルターを持っておいた方が

後で傷つかずにすむので良いです。

 

 

 

友人は見た目が反町隆史似で、20代から30代までモテていました。

自分から誘わなくても、いつも女性からお誘いが来る状態。

自分が努力しなくても、女性が寄ってきてしまうのが当たり前でした。 

 

 

しかしある日。

とある女性と出会い、彼は一目ぼれ。

何が何でもその女性を手に入れたいと思って、熱心にアプローチをしていたのですが、

全然相手にされなったそうです。

 

で、彼は女性に聞いてみたんです。

「なんでダメなの?」

 

 

すると、彼女からはこんな返事が。

 

「あなたは見た目がカッコいいでしょ。

だからモテてきたと思うし、現在もモテてると思う。

そういう人って、苦手なの。どうせ遊びじゃない。」

 

 

この時、相手の女性は彼のことを「遊び人」というフィルターで見ていたんです。

だから、彼がどんなにアプローチしても真剣に受け止められなかった。

 

まぁ、確かにそのフィルターは間違ってはいませんでしたが(笑)それは過去の話。

その女性はきっと、これまで出会ってきたイケメンは、

遊びで近づいてくるタイプばかりだったのかもしれません。

 

 

当時、この話を聞いたとき、すごいもったいないな~と思いました。

友人の彼も、かなり落ち込んでいましたし。

 

 

「俺、確かにモテてきたけど、見た目が良いってそんな良いもんじゃない。

本当に好きな女に自分の気持ちを信じてもらえないし。」

 

 

友人は、以前の記事でも書いた通り、

相手の女性のことがすごい好きだったので、

しっかりと【行動】で好意を示していましたが、女性は気づけなかったようです。

女性の彼に対する「遊び人フィルター」が強力だったんですね。

 

 

 

 このケースは少し稀かもしれませんが、

自分のフィルターによって、本来の相手の姿が見れなくなってしまうというケースは、意外とよくあります。

 

 

人間、誰しも他人のことをちゃんとわかるなんて無理な話ですけど、

このフィルターを変えるだけで、本当の彼を見ることが出来るようになります。

 

 

 

 

色んな種類のフィルターで彼を見ていこう

 

あなたに今、気になる彼がいるのなら、

今自分はどんなフィルターで彼を見ているのか考えてみることをオススメします。

 

 

言葉ばかり信じるフィルターをかけていませんか?

真面目な人と決めつけたフィルターで彼を見ていませんか?

 

「彼」という人間をもっと色んなフィルターで見てみると、

これまで気づけなかった彼を見れるようになります。

 

 

 

海に潜って、そのまま目を開けても視界はぼやけていて、

そこに何があるのかが分かりませんよね?

 

でもゴーグルをかけると、ぼやけていた視界がハッキリして、

足元にカニがいたとか、すぐそばにサメがいたとか、気づけることが増えます。

 

 

そんな感じで、今かけているフィルターをはずしてみたり、

違うフィルターをかけなおしてみる事で、

今まで気づけなかった、見えなかった彼が見えてくるようになります。

 

 

 

見えてくるものが増えれば増えるほど、

より相手のことを知ることが出来るようになるし、

相手の意図を見抜くヒントを得られるようにもなります。

 

 

もし、気になる彼を落としたいと思っていたとしたら、

彼に対する情報が多ければ多いほど、攻略して行く上では有利ですし、

 色んなフィルターを増やして、

多角的に彼を見る習慣を増やしていってもらいたいなと思います。

 

 

フィルターが増えていけば、

「彼がどういう人なのか?」ということで悩むことは減っていきますよ。

 

 

 

 

それでも自分1人では異性を見極められずに困っている方はコチラ

f:id:koot023:20200501165132j:plain


◆本気で幸せになりたい方向け

個別相談・カウンセリングはコチラ

<<<初回限定70%OFF>>>

f:id:koot023:20200423154724j:plain

 

◆圧倒的な愛され女に近づきたい方のための無料メルマガ

登録はコチラ

f:id:koot023:20200430163328j:plain

 

◆年を重ねても女として愛され続ける秘訣を学ぶなら

公式LINE@で友達追加をする↓

f:id:koot023:20200430173532j:plain