欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

【愛され女の法則】待つことが出来る女

f:id:koot023:20200502212927j:plain

 

こんばんは。

わずか半年で本命度×愛され度200%レディへと導くカウンセラーERENAです。

 

愛され女の法則シリーズ

 

今回は、「待つことが出来る女」について書いていきます。

 

 

【今日の目次♪】

 

 

 

恋する女性が一番気になること

 

友達の恋愛相談に乗っていて気付いたことの一つの中に、

恋してる女性の悩みトップ3に入るのが、

 

・私は彼にとって本命の相手なのか

・どうしたら彼の本命になれるのか

・いつまでも愛され続ける女になれるのか

 

このあたりです。

 

表現は違えど、恋する女性はだいたい上記のことで悩んでいるかと思います。

 

 

表面的な部分の悩みだと

例えば、

・どうしてメールをくれないんだろう

・だんだん彼が冷たくなってきたのは何故?

・毎回セックスだけのデートなのは本命じゃないから?

・電話をしても折り返し連絡くれないのは何故

・全然家に連れて行ってくれないのは他の彼女がいるから?

などなど。

 

こういう小さな悩みは全て、

最初に書いたトップ3に入る悩みに直結しています。

 

 

そして、多くの女性は「安心」したいわけなのです。

 

 

自分は本命なのか?

彼は自分を遊び相手にしてはいないのか?

本当に自分を好きでいてくれているのか?

 

 

なぜこういう悩みが多いかというと、

それは女性という生き物の本能的な部分と直結しています。

(詳しいことは、生物学的な記事を探してみてください。)

 

また別の角度から言うと、

女性はどうしても「愛される」ということに価値を置く生き物です。

 

※精神的にも成熟してくると

「愛される」ことよりも「愛したい」という所に変化していきますが、

それに関してはまた別の機会に書こうと思います。

 

 

だから、恋愛中は特に

男性からのLINEの頻度で彼の愛を図ろうとしたり、

彼が「何を自分にしてくれたか/何を買ってくれたか」などで愛を確認する傾向があるのです。

 

 

私もありました。

旦那さんとお付き合いをしていた時、

当時向こうは一人暮らしをしていたんですが、

付き合って3~4か月経っても、家においでって言ってくれなかったんです。

 

どんなに真冬の寒い日でも、決して自分の家でデートしようとは言ってこなくて、

「あーもしかして他に彼女がいるのかな・・・」と思ったりしていました。

 

そして

「それならそれでいっか。それがわかった時は次に行こうぜよ。

男は星の数ほどいるのだから。」と考えていた22歳。笑

(全然22歳っぽくなかったな~と書きながら思います。笑)

 

 

やっと家に呼ばれたのがお付き合いをして半年たった頃。

当時の私は、

「他の女の荷物とかの整理が終わって、やっと私を呼んだのか」と、

なんともスレた(笑)ことを考えていたんですね。

 

 

でもなんで家に呼んでくれなかったのか気になったので、素直に聞いたんです。

すると、こんなことを言われました。

 

「家に呼ぶ=セックスしたい、みたいに思われるのが嫌だった。

そういう欲求が無いわけじゃないけど、女性はやっぱり警戒するじゃん。

警戒させたくなかったし、家に呼んだら俺も抑えられるか分からないから、

外で会うようにしてた。

家に呼ばないことで逆に不安にさせてたらごめんね。」

 

 

 

私の予想はことごとく外れていたわけですが、

当時は旦那さんのことが大好きだったからこそ、

「本当に自分は本命なのかな?」

「私が大好きなように、彼も私のことを大好きって思ってくれてるのかな」

という不安や考え事をしょっちゅうしてしまっていたなと感じます。

 

 

 

お付き合いが始まって、ラブラブな時であれば心配は生まれませんが、

少しずつ時間が経っていって、

「仕事が忙しい」と言ってなかなか会えなかったり、

前よりもメールをくれる頻度が減ったな~

なんていうことがあると、女性は不安な気持ちになったり、

色んな疑問が浮かんでくるようになってしまうと思います。

 

 

 

ただ、そういう疑問が浮かんでくるっていうことは

根底に【彼に愛されたい・大事にされたい】っていう想いがあるから。

 

それはとっても素敵なことです。

女性なら誰しも想うもの。

 

 

彼の言動を切り取って、それが本命に対する男性の言動なのかどうかを知りたがる。

本当に自分が大事にされている彼女かどうか不安だから。

女性にとって恋愛って人生そのものなんですよね。

 

 

 

こんな風に女性にとっては、

「愛されること」は人生における最重要事項であり、

どれだけ自分の愛した男性から愛されるか。

無意識レベルで、そこに重点を置いているのです。

 

 

だからこそ、

好きな彼のことであれやこれやと不安になったり考えたりするのは当たり前で、

決してそれは恋する女性なら自然なことだと思ってください。

・・・度を越えてしまうのは危険ですけどね(笑)

 

 

 恋愛が一番になりすぎると危険なワケ

 

女性にとって恋愛は、人生においてとても重要なもの。

何故ならそれは、「愛」と繋がっているから。

 

愛は、恋愛関係を育んでいくことで生まれていきます。

 

だから、ひとたび好きな人が出来ると、彼のことで頭がいっぱいになったり、

彼からのLINEの内容や、一挙手一投足に振り回されたり、

勝手に疑心暗鬼になってしまって、不安な気持ちが増し、仕事が手につかなくなる。

 

これまで数々の相談を受けてきた中で、

そんな状態になってしまう女性をたくさん見てきました。

 

 

理想は、彼のことを考えたり思い出したりして、

楽しくて幸せな気持ちになれるのが一番なのですが、

反対に不安な気持ちに押しつぶされてしまう形の恋愛をしている場合、実はとても危険です。

 

 

何故なら、恋愛で起きる出来事に対して

全て「ネガティブ」なレッテルを貼りつけてしまっているからです。

 

 

全てにおいてネガティブな捉え方をしてしまうようになると、

毎日不安な感情にばかり押しつぶされてしまい、

そうなってくると女性は好きな彼に対して、

どんどんしつこく連絡するという行動を取り始めます

 

 

そう、何ごとにおいても彼からの反応を「すぐに」欲しがるようになるのです。

 

 

 

恋愛にのめり過ぎている女性の特徴5選

女性が恋愛にのめり込みすぎている時は特徴があります。

 

1.彼にLINEをしてすぐ返事がないと不安になる

2.彼から返事が来ていないのに何度も連絡をしてしまう

3.返事がないと「変なこと言ったかな?」とすぐネガティブな思考になる

4.常に彼のことを考えている

5.彼とのことについて誰かに話を聞いてもらいたくて仕方がない

 

 

今で言ったら、「スマホが手放せない人」はまさにそうです。

 

「スマホが手放せない」というのは現代人の多くが当てはまっていますが、

これが何故いかに危険なことなのか?についてはまた別の機会に書きます。

 

 

このような状態が1つでもあると危険なので注意が必要です。

何故なら、好きすぎるが故に不安な気持ちが強くなってしまって

暴走を始めてしまうからです。

 

 

具体的にどういうことをしてしまうのか?というと、

上記の内容とも少しかぶりますが、

 

・彼から返事が来ていないのに何度も連絡をする

・彼がハッキリしてくれないと「もう私からは連絡するのやめます」という終わり宣言をして、彼の反応を見ようとする

・本当は別れたくないのに「もう別れる」と言って彼を焦らせようとする

・彼から連絡が来ると即レスで反応してしまう

・彼からお誘いがあると予定があってもキャンセルして彼を優先させる

・彼からのお誘いは絶対に断らない

・自分の不安な気持ちを彼に言ってしまう(LINEで送ってしまう)

 

などなど、このようなパターンが多いです。

 

 

男が望むのは○○○な女性

女性が男性に望んでいることがあるように、

男性も女性に望んでいることがあります。

 

その中でも上位を占めているのが、「待っていてほしい」というもの。

 

 

以前、男性にとって仕事は人生そのものなんだよっていうことを

ちらっとお伝えしたことがあるかと思います。

 

 

 

仕事でどれだけ成果が出せるか

キャリアアップをしていけるか

会社から評価をされて収入を増やしていけるか

 

 

男性にとっては、

仕事での評価が自分のアイデンティティに繋がっていきやすいんですね。

 

 

だから、好きな女性から連絡があっても、

働いている間は仕事に集中しているので、どうしても返事は遅くなります。

 

 

「休憩時間があるじゃないですか!」という事が聞こえて来そうですが、

男にとっては休憩時間も「仕事中」という感覚だったりします。

 

午後からの仕事をどう回していこうか?とか、

夕方にあるアポイントの流れを考えたり、

企画書の続きを考えたり、売り上げを伸ばすためにどうしようかなどなど。

 

休憩中も、色々なことを考えているんですね。

 

 

女性は休憩中に何も考えてない、

と言っているわけではないので誤解しないでくださいね(笑)

 

 

女性は、休憩中は感覚を「プライベート」に切り替えることが出来ますが、

男性は、女性ほど上手に切り替えが出来ないということです。

 

 

男性は一点集中型、とよく聞きませんか?

 

 

だから、特に仕事中に来た連絡に対しては、

よほどの緊急性が無い限り、後回しになってしまうのです。

 

 

でもちゃんと仕事が終わったり、ひと段落が出来たら返事をするのが男性です。

 

 

それから男性ってとってもわかりやすいんですけど、

本気で好きになった女性や、気になった女性に対しては、

「自分がどれだけ仕事が出来る人間か」というアピールをします。

 

 

例えば、

「入社して間もないけど他の社員よりも仕事を任せてもらってるんだ」

「大手の会社に勤めているんだ」とかですね。

 

 

女性は、男性を判断する基準の一つで「年収」がありますよね。

 

 

全員が年収で男性を判断しているわけではないですが、

年収が高い=仕事がデキる男性

という認識があるからこそ年収を見ているはずです。

 

 

目の前の男性が仕事がデキるかどうか?について、

同じ職場でない限り、私たちは判断することが出来ません。

(言動からある程度推測することは出来ますが)

 

 

そう、仕事がデキるかどうか?というのは「形が無く、目に見えない」ことです。

 

 

人は、有形のもの or 目に見えるもので判断をしたがります。

だから「年収」というのはとても目に見える形の判断基準になるので、

女は男の年収を一つの判断基準にするんですね。

 

 

それって、わざわざ口に出して皆言っているわけではないけれど、

年収が高い=仕事が出来る男、ということを空気で感じ取っているからこそ、

男は余計に仕事に一生懸命になるし、男としての魅力を高めるためにも仕事に精を出すのです。

 

 

 

男と女はそもそもの時間感覚が違う

これはぜひ覚えておいてもらいたい事なんですが、

そもそも男と女は根本的に違う生き物で、

中でも「時間感覚の違い」というのは理解しておく必要があります。

 

本当の意味で、これを理解できていると

異性とのお付き合いにおいて余裕が持てるようになるし、

ちょっとしたことで不安な気持ちになることが少なくなります。

 

 

男と女でどれくらい時間感覚が違うのか?というのを、

具体的にわかりやすく表現するとこんな感じです。

 

例えば、彼に連絡をして3日経っても返事が無かったとします。

それに対して、彼に「なんで返事くれないの?」と催促すると

ちょっとしたケンカになってしまう男女が多いです。

 

 

この時の女側の時間感覚としては、

「彼から3日”も”返事がない」という状態です。

 

 

反対に、男側の時間感覚としては、

「彼女から連絡が来て、まだ3日”しか”経っていない」という状態なんです。

 

 

 

この違いの感覚、伝わりますか?

 

 

 

じゃぁ、なぜこのような感覚の違いが生まれてくるのか?というと、

これは男と女で「恋愛」に対する優先順位がそもそも違うから。

 

 

女にとって恋愛は優先順位が高いですし、

女は色んなことを同時に考えられるタイプなので、

どんなに忙しかったり、用事があったとしても好きな相手であれば

どこかしらで時間を見つけて返事をする、という考えを持っているんですね。

 

 

そして、その感覚は男側も同じだと思っています。

(これが男女間でのズレを生じさせています。)

 

 

しかし、実はこの感覚、男女で大きく異なります。

 

 

感覚の違いがあることを知らないが故に、

意見の食い違いが起きてケンカに発展してしまったり、

せっかくお互い良い雰囲気だったにも関わらず、

「しつこい」と思われてしまって関係性が進まず終わってしまったり。

 

 

恋愛にのめり込みすぎて、しつこく連絡をしてしまったが故に、

残念な結果を迎えてしまった女性をたくさん見てきました。

 

 

 

 

男の時間感覚に合わせられる女性は貴重な存在なんだということ

私が色んな女性たちの相談になってきた中で、

男と同じ時間感覚を持っている(又は理解している)のは、全体の1割程でした。

 

逆を言えば、大半の女性が男とは異なる時間感覚を持っているということになります。

 

だから多くの男女は

「返事が遅い」

「なんで返事を催促してくるんだ」

と言った、時間感覚の違いによる問題で衝突をしてしまうことが多いのです。

 

 

 

そう、それは待つことが出来ない女性が多いという事です。

 

 

 

待つことが出来る女がほとんどいないからこそ、

「この人は俺を理解してくれる、信頼してくれている!」と感じた女性が居たら、

貴重な存在として、大事にしたいと思うようになるのです。

 

 

ちなみに本当に仕事が忙しい時って、

男はいつも以上に仕事の優先順位が高くなるので、

大好きな彼女からの連絡であっても忘れてしまうことがあります。

 

でもその分、忙しくなることを予め伝えてくれて、

その忙しい時期でも、ちょっとした連絡をくれたり、

短時間でも会う時間を作ってくれたのであれば、

彼は忙しい中でもあなたのことをちゃんと思い出してくれているので、

信じてあげて欲しいなと思います。

 

 

中には、浮気相手や他の女性と会う時間を確保するために

「仕事が忙しい」という理由を使う男もいますから、

その場合は、彼の行動がしっかりと伴っているかどうかを確認する必要があります。

 

 

そういう男性のことは待つ必要がないので、

分かったら潔く次の男性に行くことをオススメします。

 

そういう男性を本当に支えていきたいならば支えたらいいですが、

自分が苦しかったり悲しくなることが目に見えている相手は

わざわざ選ばなくていいのです。

 

女性は苦労する必要はないんです。

特に、男性の身勝手な行動で苦労する必要も、悲しい人生を選ぶ必要もないのです。

 

恋愛相談に乗っていると、

自ら苦労・悲しむような男性を選んでいる女性があまりにも多いので、書いておきますね。

 

 

 

ちなみに上記の女性たちは、

彼に「嫌われないように」と尽くしてしまう傾向がありますが、

尽くすことは「愛」ではありません。

(多くの人は、ここを大いに勘違いしていますが)

 

当てはまるな、という女性はこちらの記事も読んでみてください。 

www.abayoo.biz

 

 

さいごに

恋愛が命の女性にとって、

大好きな彼から連絡が来ないというのは寂しい気持ちになるかもしれません。

 

ただ、彼からの連絡が無いときは、

彼が一生懸命仕事を頑張っているときだと信じてあげてください。

 

 

あなたのことが好きで、大事な存在であれば、

男性は必ず連絡をよこしてきますから。

 

 

それくらいわかりやすいんですよ、男って。

 

 

 

待てる女は強し、です。

 

 

 

 

◆異性を見極められずに困っている方はコチラ

f:id:koot023:20200501165132j:plain

 

◆本気で幸せになりたい方向けの

個別相談・カウンセリングはコチラ

<<<初回限定70%OFF>>>

f:id:koot023:20200423154724j:plain

 

◆圧倒的な愛され女に近づきたい方のための無料メルマガ

登録はコチラ

f:id:koot023:20200430163328j:plain

 

◆年を重ねても女として愛され続ける秘訣を学ぶなら

公式LINE@で友達追加をする↓

f:id:koot023:20200430173532j:plain