欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

暴走恋愛を回避するためには「良い形でテンションが上がっている自分」を見極める

 

 

こんにちは。

 

あなたはテンションが高い時の自分、

ポジティブ思考になっている時の自分はどんな時か知ってますか?

 

これをちゃんと知れてるだけで、暴走恋愛をかなり防げるようになるんですが、

今回はその理由を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

【今日の目次♪】

 

 

 

 

暴走恋愛が起きてしまう原因には「○○なテンション」が関係している

 

よく恋愛相談を受けていると、

女性が感情的になってしまって、

「なんとかしたい!」「何か行動しないと気が済まない!」

「早くどうにかしたい!」なんていう気持ちから、

 

本来なら、彼に送らない方が良いタイミングでメールをしてしまったり、

今は一旦会うのを控えて、冷却期間を置いた方がいいタイミングなのに、

無理やりでも時間を作って彼と会ってしまったり。

 

本人たちは、よかれと思ってした行動が、すべて裏目に出てしまい、

結果彼から嫌がられてしまったり、愛想付かされてしまったり、

いつもならケンカにならないのにケンカしてしまったり、

いつもみたいにすぐ仲直りが出来なくて、冷戦が続いたり・・・・

 

 

そんな風に、暴走恋愛をしてしまって、

本来なら良い未来を引き寄せられるはずだった女性たちをたくさん見てきました。

 

 

この暴走恋愛をしてしまっている時の女性って、実は特徴・パターンがあります。

感情的になった時こそ、暴走恋愛をしやすいのですが、

そうならないためにはどうしたらいいのか?

 

今回は「テンション」という視点から、

大事なことを伝えていきたいと思います。

 

 

 

良いテンションの上がり方と悪いテンションの上がり方

 

テンションが上がったときの自分、どんな感じか思い出してみてください。

 

実は、この「テンションが上がったとき」

またそういう時は「ポジティブ思考」にもなってる状態なんですけど、

実は2種類あるんですね。

 

それは

①良い形でテンションが上がっている時

②悪い形でテンションが上がっている時

です。

 

 

え?テンションが高いっていいことなのに、

それにも、良い悪いがあるの?って疑問が出て来そうなんですけど、あるんです。笑

 

 

どんな違いがあるのか?というと、

良い形でテンションが上がっている時というのは、

相手のことを思えている状態です。

 

例えば、

彼のために頑張ろうと思えたり、

彼のために、彼が喜んでくれそうな料理を頑張って作ったり

彼のために、本当は連絡したいけどあえて連絡せず待ったり

 

 

相手のためを思っているんだけれど、

気分はとてもハッピーでウキウキした気持ちである。

良い形でテンションが上がっている時の特徴です。

 

 

 

 

反対に、悪い形でテンションが上がっている時というのは、

自分中心の考えになっている状態です。

 

 

ウキウキしたり、ワクワクしたり、

これから先のことが楽しみで仕方ないな!って気分にはなってるんですけど、

ベクトルが相手ではなく、全て自分になっています。

自分が満たされるから、自分が満足できるから、自分が気持ち良いから、

そういう理由が源で行動するんですね。

 

 

とても極端な例ですけど、

彼を見返したいとか、後悔させるために、

その作戦を考えたりしているときってワクワクするんですよ。

 

 

あえて彼を傷つけることを言ったり、振り回したりして、

彼の残念な顔を想像するだけで、楽しみ!とか、

私をフったことを後悔している彼の姿を見て、気持ちいい!

といった感じの状態です。

 

 

こういう時も、テンションは高くなっています。

でも、悪い形で上がってしまったテンションなんですよね。

 

 

何故なら、

相手の辛そうな状態を見ることで、自分が満たされる。

自分を満たすため、発散するためにしていることだから。

 

 

彼の気持ちなんて一切考えてない。

これを言ったら傷つくだろうなとか、そんなことは無視。

それよりも、「自分はこれだけ傷つけられたんだから、むしろこれくらい言ったって平気でしょ。これでも足りないくらい!」

 

 

極端に言うと、そんな状態なんです。

自分では、そんなつもりがないというパターンがほとんどですが、

知らず知らずのうちに、傷つけてしまっているんですね。

 

 

そして、悪い形でテンションが上がっていても、

ある意味ポジティブ思考になっています。

そしてそのポジティブ思考も、自分中心です。

 

 

 

 

悪い形でテンションが上がっている時は良くない未来を引き寄せる選択ばかりする

 

「テンションが上がっている」

 

という一つのパターンを見たとき、

私たちは、必ず良い形か悪い形のどちらかなんです。

 

 

で、何ごともそうですが、

良い形でテンションが上がっている時の選択の方が正しいことが多いし、

そういうテンションの時は、良い方向に進んでいく行動を自然としています。

 

 

反対に、悪い形でテンションが上がっている時というのは、

間違った選択をしてしまっていることの方が多いんですね。

しかも、その選択が間違っているという事には気づいていません。

 

 

根っこでは「本当はその選択しない方がいいのに」って

気づいているケースもありますが、

見てみぬフリをしていたり、テンションが上がり切っていると、気づけないんですね。

 

 

感情的になった時ほど要注意

女性は特に感情的になったときほど、

悪い形でテンションが上がるケースが多いです。

 

本当は、こうした方がいいというのが分かっているのに、

イライラしてしまったり、不安な気持ちだったり、

マイナスの感情が増えていけばいくほど、テンションが悪い方向へと進むんですね。

 

 

こうなってしまった時、一旦自分でストップがかけれたらいいんですけど、

だいたい暴走気味になるので、ストップがかけられず行動してしまって、

彼に呆れられたり、愛想つかされたりして、

その時になってやっと自分がしてしまったことの重大さに気づくというパターンは良くあります。

 

 

 

 

良い形でテンションが高い時の自分を理解できると暴走恋愛から回避できる

 

自分のテンションが高い時、

どちらのパターンなのかどうか?というのを把握できるようになると、

 

「今、自分は悪い形でテンションが上がってるから暴走する前に止めよう!」とか

「今、良い形でテンションが上がってるから、このテンションのまま行こう!」って思えるようになるんですよね。

 

 

結構、「今、自分は良い状態だ!」と思っていたのが、

実は逆だった!と勘違いしてしまっている人はたくさんいるので注意です。

実際、わたしも昔は勘違いしていたときがありました。

 

 

 

これに気づけるだけで、一つ一つの選択を間違えてしまうことは減ってくるので、

特に女性は恋愛で感情的になって暴走して撃沈する、

ということをしてしまいやすい生き物ですが、

それを防ぐためにも、ぜひ自分のテンションが高い時のパターン、

傾向を知っておくと、暴走恋愛を防げるようになるので、

ぜひ意識してみてもらえたらな~!と思います。