欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

彼との良い未来を引き寄せたいのなら○○な思考パターンを作り上げる

 

 

こんにちは。

 

恋愛だけに限った事ではないのですが、

幸せを掴む人の共通点の中の一つに、

起きた出来事に対して「ポジティブに捉える」というのがあります。

 

 

悲しい出来事だったり、イライラすることだったり、

一見マイナスに見えることを、

「でも結果的にはプラスの出来事だった」と捉え方を変えるのです。

 

 

 

どんなことでも「最終的には良かった」と

プラスに捉えられる感覚を持っていると、

自然と良いことが舞い込んできやすいと言われています。

 

 

 

今日は、マイナスな出来事でもプラスに変えていくことが何故大事なのか?

プラスに変えていくことで手に入れらるものとは?

 

その辺りについて書いていきたいと思います。

 

 

【今日の目次♪】

 

 

 

恋愛は大量のエネルギーを使う

 

恋愛中の女性には、色々な問題が降りかかってきます。

 

・大好きな彼が実は浮気をしていた

・自分と会っていてもゲームばかりするようになった

・会っても毎回SEXするだけのデートばかり

・彼が実は既婚者だった

・「好きな人が出来たから」と突然フられてしまった

 

 

恋愛をしていたら、悩みはつきものだし、

一つ悩みが解決したとしても、また新しい悩みが生まれて・・・

その中で、気づきを得て、反省して、活かして、

そんなことを繰り返しながら、恋愛をしますよね。

 

 

私たちは日々、色々なことにエネルギーを使っています。

中でも恋愛に使うエネルギーって膨大なんですね。

 

 

恋愛をしていると、感情が揺さぶられることって多くないですか?

嬉しくなったり、悲しくなったり、辛くなったり。

どん底のような気持ちを味わったかと思えば、一気に幸せな気分になったり。

 

 

まるでジェットコースターに乗っているかのような感覚です(笑)

 

 

実際に遊園地でジェットコースターに乗った後って、

「楽しかった」という高揚感を感じると同時に、

実は「疲れた」という感覚も感じています。

 

 

ジェットコースターに乗った後すぐに

「疲れた」という感覚を感じない人もいると思いますが、

それは高揚感によってカバーされているからなんですね。

 

高揚感が消えたとき、どっと疲れがきたりするのはそのせいです。

 

 

 

エネルギーを消耗しすぎると「やるべきこと」を優先出来ない思考パターンに陥る

 

こんな風に、感情を揺さぶられる出来事が起きると、

知らず知らずのうちに私たちの心は疲れ負担を感じているのです。

それは、大量のエネルギーを消耗しているから。

 

 

恋愛中はテンションが高まっている状態が多いのですが、

身体はエネルギーを使い切ってしまうことが多いので、

実は疲れている、なんていうこともあるんですね。

 

 

そしてこの疲れすぎている状態が続いていると、危険なことが起こりやすいです。

 

 

どういうことか?

 

 

恋愛で辛い経験をしたとき。

悲しい気持ちでいっぱいで、何も手につかない。

彼以外のことを考えられない。

仕事をしなければいけないのに、全然集中出来ない。

 

前向きに考えなきゃ!と頭では分かっているけど、感情が追い付かない。

そんな状態になってしまう時もありますよね。

 

 

こういう時は、恋愛でエネルギーを大量消費して

疲れ切ってしまっている時でもあります。

 

疲れている時って、やるべきことがわかってはいても、

ついつい自分のやりたいことを優先してしまったりしますよね。

それと同じ状態が、恋愛パターンでも起きているということです。

 

 

こういう状態の時は、決まってこんな流れになります。

 

 

辛い・悲しい出来事がある

マイナスな感情を感じる

彼との間に起きる出来事全てをマイナスに捉えるようになる

後悔して過去に執着しはじめる

「こうなって欲しくない」という未来を引き寄せやすい状態になる

自分が望まない未来が引き寄せられる

 

 

 

 

不思議なんですが、自分が全てをマイナスに捉えてしまう状態になっていると、

本来自分が望んでいない未来を引き寄せやすい状態になってしまって、

結果、「こうなって欲しくない未来」を引き寄せてしまうのです。

 

 

 

過去に執着することでもたらす未来

 

よく恋愛相談を受けていて聞くエピソードがあります。

 

自分の彼が浮気をしているかもと感じて、

彼を疑ったり、SNSで彼の状態を監視したり、

LINEの返信が遅いと「他の女といるのではないか?」と疑って、

彼に催促LINEをたくさんしてしまったり。

会えない日があると、その理由をしつこく聞いてしまったりした、と。

 

 

実際、彼が最初から浮気をしていたのかは本人にしかわかりません。

ただ、こういうケースで彼を疑ってしまった結果、

他の女性に気持ちがいってしまってフラれた。

 

という女性をたくさん見てきました。

 

 

 

マイナスな捉え方をしてしまうようになると、

特に恋愛では相手に執着心が生まれやすいですし、

もともと執着心があったのなら、それがより強くなりやすいのです。

 

 

以前の記事でもお伝えしましたが、

彼に対して執着心を持っていると、彼と離れる方向に未来が進んでいきます。

 

www.abayoo.biz

 

 

それは、自分の目の前に起きた出来事に対して、

すべてマイナスに捉えてしまったが故に、

マイナスな未来を引き寄せる行動をしてしまうからなんですね。

 

 

マイナスな未来を引き寄せる行動というのは上記の例でいうと、

◎彼を疑う

◎SNSで彼の状態を監視する

◎LINEの返信が遅いと「他の女といるのではないか?」と思う

◎彼に催促LINEをたくさんする

◎会えない日があると、その理由をしつこく聞く

◎探りを入れるような会話をする

 

などです。

 

こういった行動を起こしてしまう背景にあるのは、

彼が他の女性の所に行って欲しくない!

彼を自分のものにしておきたい!

という気持ちがあるからですよね。

 

 

こういう気持ちが生まれているとき、全て執着から来ています。

 

自分に起きた出来事に対してマイナスに捉えていると執着心が生まれ、

自分のもとに置いておきたい人(物・環境など)と離れてしまう未来に進んでいくのです。

 

 

 

 

自分の目の前に起きている出来事というのは、

全て自分が引き寄せた未来なのです。

 

 

 

 

マイナスに捉えていれば、望まない未来が引き寄せられ

プラスに捉えていれば、望んだ未来が引き寄せられる

 

 

私たちの人生は、とってもシンプルなのです。

 

 

 

マイナスの出来事をいかにプラスに捉えるかがカギ

 

生きてたら、毎日良いことばかりが起こるわけではありません。

普通に辛いこととか大変な出来事が起こったりしますよね。

 

 

そういう時は、「悲しい」「辛い」という感情はそのまま感じていいのです。

悲しいときは悲しいし、辛いときは辛いじゃないですか。

 

 

プラスに捉えるというのは、

感情を無にするというわけでは無いんですね。

 

 

 

多くの人は、悲しいことや辛いことがあると、

「悲しい」「辛い」という感情をそのままずっと引きずってしまいがちです。

そして、過去に執着をし始めます。

 

・もっとこうすれば良かった

・何故あの時、あんなことを言ってしまったんだろう

・どうして彼を信じてあげられなかったんだろう

 

そんな風に、全てが「過去」に向いてしまっていて、

後悔ばかり繰り返す日々を過ごしていくのです。

 

 

過去に執着している間は、何も変わりません。

むしろ、どんどん自分自身も暗くなってきてしまいますし、

自然とそういうオーラが出てきてしまいます。

 

 

「辛い」「悲しい」といつまでも落ち込むことは誰でも出来ます。

でも、そこでいかに

「とても悲しかったけど、こういうことに気付けたから良かった!」とか、

「すごく辛い経験だったけど、次は気をつけよう!今気づけて良かった!」と、

マイナスな出来事をプラスに捉えるかが重要なのです。

 

 

マイナスな出来事をプラスに捉えられた瞬間、

そこであなたの未来が切り替わるのです。

 

 

 

 

             ※引き寄せる未来が切り替わる瞬間

            ↓

【悲しい出来事】ーーー  ★ーーーーーーーーーーーーーーーーマイナスな未来

            |

            |

            ーーーーーーーーーーーーープラスな未来

 

 

悲しい出来事が起きたら、

その後、あなたがどんな未来に進んでいくかは2種類に分かれます。

誰しも、「マイナスな未来」と「プラスな未来」があるんですね。

 

 

悲しい出来事に対して、いつまでも悲観的でマイナスに捉えたままだと、

そのまま「マイナスな未来」に自分は進んでいきます。

 

反対に、途中でプラスに捉えられた瞬間、

本来だったら進んでしまいそうだったマイナスな未来の道の前に、

プラスの未来に進める道が出現するんです。

 

 

ここで、

「プラスな未来が自分にはあるんだ!」ということに気づけるかも大事です。

「こんな悲しいことがあったら、悲しい結末しか待ってないもん!」

と思っていると気付けないんです。

 

 

本当はプラスの未来に進める道が、自分の足元にあるはずなのに、

悲観的になっているときというは、それが見えなくなってしまうのです。

 

 

 

自分の思考パターンを少しずつ変えていくこと

 

だからこそ、

悲しい出来事や辛い出来事が起きた時には

「チャンスが来た!」と思ってもらいたいなと思います。

 

 

「この後は、良い方向にいくんだ!だから大丈夫だ!」と捉える癖をつける。

マイナスに捉えてしまいがちだった自分の思考パターンを変えていくのです。

 

 

私たちは、気づかないうちに決まった思考パターンをするようになっています。

 

例えば、

毎朝6時に目覚ましをかけているのに、いざ目覚ましで起こされると

「もうちょっと寝れるから寝よう」と二度寝をしてしまう人がいるとしますよね。

 

 

本人は、「二度寝しちゃう性格だから」と思っていることが多いのですが、

それは性格から来ているものでは無いんです。

 

 

目覚ましが鳴っても「二度寝をする」という思考パターンを自分で勝手に作っていて、

それ通りに自分が動いてしまっているだけなんです。

自分自身で「二度寝をしてしまうこと」を癖だと思っているだけ。

 

 

目覚ましが鳴ったら二度寝するという思考パターンを

目覚ましが鳴ったら何が何でも起きるという思考パターンへ変えていく。

 

そして、それを毎日続けていけば二度寝をしない自分が当たり前になります。

私たちの行動は、自分の思考パターンが作り上げているものであって、

自然にそうなっているということは一切ないのです。

 

 

 

 

だからこそ、自分の思考パターンを変えていくことが大事なのです。

 

 

「悲しい出来事が起きたらプラスに捉える」

という思考パターンを自分の中で当たり前にしていけるようになると、

今後どんな悲しい出来事が起きたとしても、

最後にはプラスだった!と自然に捉えられるようになっていきます。

 

 

そういう思考パターンになれると、自然と良い未来を引き寄せられるようになるので、

悲しい出来事をいつまでも引きずってしまうことも減っていきます。

 

 

いつまでも過去を見てしまうのではなく、見るべきは「未来」です。

執着心が生まれるのは、好きな相手だけではないです。

物や過去にも執着心が生まれてしまうので、いかに執着心を手放していけるか。

 

執着心を手放したいと思ったら、

過去に起きた悲しい出来事をどんどんプラスに捉えていくことが大事です。

 

 

 

すぐに出来なかったとしても、

少しずつでも自分の思考パターンを変えていくことで、

彼との良い未来を引き寄せていってもらいたいなと思います。