欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

「彼の気持ちが知りたい病」にかかった時の対処法

 

 

こんにちは。

 

恋愛相談を受けていて、よく聞かれることがあります。

「彼の気持ちが知りたいです、教えてください。」というもの。

 

 

 

「彼の気持ち」が気になって仕方がない人は、

大抵恋愛がうまくいかないのですが、どうしたら良い方向に持っていけるのか?

 

 

今日は、その対処法をご紹介します。

 

 

【今日の目次】

 

 

 

大きな不安が起こさせる「彼の気持ちが知りたい病」

 

最近特に多かった相談は、

 

「今、好きな人がいるんですが、彼の気持ちが分かりません。

彼が自分をどう思っているのか知りたいです」

 

 

というもの。

 

 

 

自分が相手からどう思われているのか?

というのは、誰しも気になってしまうことではありますし、

私も10代の頃は、相手の気持ちにばかり目が行ってしまっていた時期がありました。

 

 

色々な人を見てきて思ったのは、

相手の気持ちが知りたくてしょうがない状態って

一種の病なんじゃないだろうか、ということ。

 

 

「恋の病」ってよく聞きますけど、

その中でも、更に色んな病がある感じです。

 

 

自分でも怖いくらい、彼の一挙手一投足に敏感に反応してしまって、

勉強や仕事が手につかない・・・・

朝から晩まで彼のことを考えている。

あ、夢にまで彼が出てきた!

 

 「夢にまで見るくらい、彼のことが好きなんて・・・・!」

私は寝ても覚めても彼のことばかり考えてしまうんです、助けてください(;_;)

 

 

・・・とまぁ、これは10代の私が実際体験したことなんですけど(笑)

ちょっと大げさに書きましたが、こんな風になってしまっている人って多いと思います。

 

 

恋愛って、あな恐ろしいものだ・・・

と20代に突入してから悟ったのですけれども。

 

 

 

もうこれは「彼の気持ちが知りたい病」と名付けますが、

なぜこの病が発生するか?というと、

それは「自分は彼に好かれていないかも」という自信の無さが”不安”となっているから。

 

 

そう、すべては「不安」からきているんです。

 

 

言ってしまうと、この不安が取り除かれれば、

「彼の気持ちが知りたい病」は、薬を処方せずとも簡単に治るのです。

 

 

 

「彼の気持ちが知りたい病」になったときは一度自分の気持ちに目を向ける

 

「彼の気持ちが知りたい」と相談をしてきた方に対して、

いつも私が聞く質問があります。それが、

「彼の気持ちは一旦置いておいて、あなたは彼とどうなりたいの?」です。

 

 

 

「そんなの、相談してきている時点で分かってるでしょ!」

「彼と恋人になりたいに決まってるじゃないですか!」

 

そんなことを思われるかもしれないのですが、

実は「あなたは彼とどうなりたいのか?」を深掘りしていくと、

自分の願望がかなりぶれてしまっている人って多いのです。

 

 

 

先週相談をしてきてくださった人もそうでした。

 

彼女は36歳・化粧品販売として働いているのですが、

最近とある男性のことが気になり始めていると。

 

3か月前に、3:3の飲み会で知り合ったそうで、

LINEグループ内で繋がってはいるものの、

個人的にやりとりをする仲にはまだなってないと。

 

本当は二人で会って色々話してみたいけれど、

彼が自分をどう思っているのかどうかが分からないんです。

どうしたらいいですか?という内容でした。

 

 

それに対して、同じ質問をしたところ、

「彼も自分に好意をもってくれていたら、

私の方からアプローチしてみようかなって思ってます。」

という答えが返ってきたんですね。

 

 

そう、「彼の気持ちが知りたい病」にかかっている人たちと言うのは、

全ての軸が「相手」なのです。

 

話を聞いていると、主語が全て「彼」なんです。

 

 

こういう時って言うのは、大抵主体性が無くなっていて、

自分の軸も無くなっているのですが、

”だから”彼のちょっとした言動に振り回されてしまうのです。 

 

 

 

で、このケースにおいて彼が彼女をどう思っているか?ですが、

まず、男性側の年齢や交際経験にもよりますが、

彼女がいない歴=年齢の人や、女性が苦手な人を除いて、

これまで普通に恋愛経験がある男性なのであれば、

「いいな」と思う女性がいたら、何かしらのアクションを起こしてきます。

 

 

話を聞く限り、人並みの恋愛をしてきた男性だと見受けられたので、

私はハッキリと言いました。

 

「気になる女性がいたら、3か月も放置しないので、

何とも思われていない可能性が高いです。」

 

 

彼についての情報から推測をする中で、

一番有力なのは「何とも思われていない」というのが答えですが、

でも本当のところって、彼にしか分からない部分があるんです。

 

 

 

 

例えば、こんなケースならどうでしょう。

彼がこんなケースだったら?を想像して勝手にストーリーを作りました。笑

 

少しばかり、お付き合いください。

 

***********************************

 

俺には、付き合って3年になる彼女がいる。

気の合う同期2人とは、よく飲みに行くのだけれど、

2人ともフリーで絶賛彼女募集中。

 

そんな同期の1人が、3:3の飲み会をセッティングしたそうだが、

1人だけ来れなくなってしまったと。

 

仕事帰りにこんなお願いをされた。

「お前、彼女がいるのは知っているしダメ元だけど、

このままだと3:2になっちゃうから来てもらえないかな?」

 

 

一瞬、彼女の顔が浮かんだけれど、

困っている同期のために役に立てたらと思った俺は、飲み会に行くことを承諾する。

ちなみに彼女にもそのことは伝えておいた。

 

 

そして飲み会当日。

一応俺もフリーということで参加をしたが、

出会いを求めているわけではないので、適当にやり過ごそうと思っていた。

 

 

しかし、その気持ちは数分後に崩れ去る。

 

 

俺の目の前に座った女性は、化粧品販売員をしていることもあって

肌も綺麗で、30代前半にしか見えなかった。

接客業ということもあって、普段から色んな人と接する彼女は、

もちろん出会いも求めているけれど、みんなでワイワイするのも好きだと言う。

 

彼女と話していて、とても楽しんでいる自分がいた。

彼女のことをもっと知りたいと思って、気付けば自分から色々質問をしていた。

 

 

「話し方もしぐさも品があるし、すぐ彼氏見つかりそうだな。

フリーだったら、彼女のこともっと知ってみたいなと思ったかも」

 

 

ふと、そんなことを考えた。

 

と同時に、

「いやいや、彼女いるんだから、フリーだったらなんてこと考えちゃだめだろ」

と自分を責めていた。

 

 

落ち着いたノリの彼女とは、話していて安心できたし楽しかった。

また、あのメンバーで飲みに行く機会でもあったらいいのにな。

そんなことを考える自分がいたけれど、

その後、再びあのメンバーでやりとりをすることは無くなっていった。

 

 

最近気付いたら、あの飲み会のLINEグループを開いて、

彼女のLINEアイコンを眺めている自分がいた。

 

 

「俺、彼女のこと気になってるんだな」

自分の気持ちに気づきながらも、自分には付き合っている彼女がいると言い聞かせた。

 

 

もっと色々話したいなと思ったけど、

彼女いるし、向こうは出会い探しているわけだから、

俺から連絡したら良くないよな。

 

 

そう思った俺は、スマホをそっとカバンにしまい仕事に戻った。

 

 

~fin~

 

 

もしも、彼サイドでみたときに、

こういう背景があったとしたら、また彼の気持ちって違いますよね?

 

 

 

これは勝手に私が作ったストーリーではありますが、

「出会って3か月向こうから連絡がない」という現実があったとしても、

男性側の背景を色々想像してみると、違った答えはいくらでも出てくるんです。

 

 

 

いくら考えてもハッキリした答えが出ない問題を悩んでいるのはもったない

 

これまでの内容を踏まえてた上で、何が言いたいか?というと。

 

 

なかなかデートに誘ってもらえなかったり、

あともう少しで彼と付き合えることになりそう!というタイミングで

彼が他の女性に気持ちが向いて、逃してしまったり。

 

 

あと一歩で上手くいく!というタイミングを逃してしまう人って言うのは、

大抵上手くいきません。

 

 

 

なぜなら、

「相手の気持ちにばかり気が向いてしまっているから」

 

 

 

これは、普通に考えたらわかることではあるのですが、

相手が自分のことをどう思っているのかどうか?って

すごく意味の無い考えなんです。

 

 

どうしてか?

 

相手の本当の気持ちは、その人自身にしか分からないことだからです。

 

 

どんなに口では、

「すごい信頼しているよ」

「もっと仲良くなりたいと思ってます!」

「○○ちゃんって、実はすごくタイプなんだよね」

「ゆくゆくは、結婚したいなと思っているよ」

 

など、嬉しいことを言ってくれていたとしても、

それが本心かどうか?は本人にしか分からないのです。

 

 

先ほど、男性側のストーリーを作ってみましたけど、

彼にあのような背景があったとしたら、

「本当は気になっているけど連絡が出来ないだけ」なパターンだって考えられるわけです。

 

 

3か月も向こうから連絡がない=なんとも思われていない

 

というのが一番可能性として高い答えではありますが、

少し視点を変えてみることで、答えっていくらでも変わってくるのです。

 

 

特に「人の気持ち」に対しては、

色んな視点から見ていくことで、気づけるものがあります。

 

 

ということは、

「人の気持ち」について考えるということは、

どんなに考えてもハッキリとした答えが見いだせない問題を

いつまでも解き明かそうとしている状態なのです。

 

 

彼の気持ちは彼にしか分かりません。

だから、そこを突き詰めるのではなく視点を変えることが大事なのです。

 

 

私たちは相手の本心が見えづらい世界で生きている

 

 

先ほど書いた内容で、

どんなに口では、

「すごい信頼しているよ」

「もっと仲良くなりたいと思ってます!」

「○○ちゃんって、実はすごくタイプなんだよね」

「ゆくゆくは、結婚したいなと思っているよ」

 

など、嬉しいことを言ってくれていたとしても、

それが本心かどうか?は本人にしか分からないのです。

 

 

こういう話をすると、

「人間不信になりそうです・・・」と言われることがあるのですが、

これは日本人の特徴でもありますけど、

私たちは普段自然と、本音と建て前を使い分ける習慣がありますよね。

 

 

子どもの頃は、自分が感じたことを素直に表現出来ていわれましたけど、

集団生活を送っていく中で、少しずつ気づいていくのです。

「本音ばかりを言っていては集団の中で上手くやっていけない」と。

 

 

 

恋愛でよくあるのがこのケース。

 

自分は何とも思っていない人からデートに誘われたとき。

ハッキリと、「あなたのことは好きではないのでデートしたくないです」と言う人はいません。

 

そんなハッキリ伝えたら、相手が傷ついてしまうなとか、

相手に「なんてひどい奴!」と思われたら困るので、

自分を守るためにも本音は隠して、別の断り方をするはずです。

 

例えば、

「ごめんなさい、今人手不足で仕事が忙しいので、

落ち着いたら連絡させてください。お誘いありがとうございます」

 

こんな感じとか。

誰しも一度は経験あるはずです。

 

 

ただ、本当に仕事が忙しい場合もあるので、

上記のような返事が来たからと言って、決めつけてしまうのは良くないのですが、

何が言いたいかって言うと、

相手の本心というものは見えづらい世界で私たちは生きている、ということ。

 

 

 

もちろん、ある程度予測することは出来ます。

人間の本心と言うのは、言葉よりも行動に出やすいので、

相手が自分に対してどういう行動を起こしてくれているのか?

 

「行動」にフォーカスすることによって、

「彼はあなたのことをこう想っている」という一つの可能性を提示する事は出来ますが、それが100%ではないという事なのです。

 

 

 

白黒ハッキリつけられないものもあることを理解する

 

世の中には、白黒ハッキリつけられないことも存在します。

いわゆるグレーなものです。

 

「彼が自分をどう思っているか?」というのも、

白黒ハッキリわかる問題ではなく、どんなに考えたところでグレーな答えしか生み出すことが出来ないのです。

 

 

既に死んでしまった夫が、自分のことをどう思っていたか?

死ぬまでの夫の言動から、ある程度推測することは可能ですが、

本当の気持ちは、いくら考えても私たちには到底分からない事なのです。

 

 

ちょっとこれは極端な例でしたけど、

「彼が自分のことをどう思っているのか知りたいです」というのは、

出口のない迷路に自ら迷い込んでいる状態なのです。

 

 

なので、そこにフォーカスしてしまうのではなくて、

「彼と良い関係に発展するには、どう行動していけば良いか?」に

視点を合わせていく。

 

これをいつもオススメしています。

 

 

 

彼から自分がどう思われているかは、

もう自分が好きなように思ったらいいです。笑

 

 

ただ、もちろん彼のこれまでの言動をしっかりと見た上で、です。

 

 

どんなに彼に連絡をしても、ずーっと無視され続けているのに、

「きっと恥ずかしがっているんだわ、彼ったら可愛い♡」

なんて思うのはやめてくださいね、ストーカーになっちゃいます。笑

普通にヤバイ奴認定されてしまいますからね。 

 

 

彼から頻繁に連絡はないけど、時々食事に行こうと誘われるんであれば、

「嫌われてないんだな」っていうことは分かりますよね。

 

「すごい好き」までは行かないけど、

「食事に行きたい相手ではあるから、嫌われてはない」のであれば、

これからアプローチの仕方次第では、「すごい好き」にさせることだって可能なわけです。

 

 

彼の本音を確かめることにエネルギーを注いでいても、

何も現実は変わりません。

 

 

 

現実を変えていきたいのなら、

彼の本音は「予測」に留めておくくらいにして、

「今後どうしたら彼との関係を発展させていけるか?」

こっちに視点を合わせてみると、打開策が見えてきます。

 

 

 

彼の気持ちが気になって仕方なくなったときこそ、

一度視点を変えてみてくださいね。

 

 

 

 

それでは、また。

 

 

 ***************************************************************

スマホが手放せず

彼からのLINEを待ち続ける恋愛になっていませんか?

 

「Felice Stage」で

恋愛マインドを高めて真のモテ女に近づこう!

 

フェリステは、真のモテ女が大事にしているマインドを

無料で学べるコミュニティです。

 

フェリステから送られてくるメールを読み続けていくことで、

愛され体質であるモテ女の感覚が分かってきます。

 

 

 【内容をチラッとご紹介♪】

一気に真のモテ女に近づけてしまうとは?

美人であることは本当に得なのかについて解く

完璧な誠実イケメンの見抜き方

行動意識が与えてくれる「愛され体質」

魅力を高める上で多くの人が失敗してしまっている考え方

これさえ読めばOK!真のモテ女厳選★恋愛指南書トピックス

結婚後もパートナーとラブラブな女性が常に意識している「ある視点」とは?

マッチングアプリで浮気男を見極める5つのポイント

交際後もマッチングアプリを続けている彼がアクティブユーザーかを見極める方法

浮気をしている男たち本人さえも気づいていない隠された心の闇

浮気男たちが女性を落とすリアル手口を大公開

パートナーとのセックスレスが少しずつ改善されていく魔法のメソッド

短期的な視点で恋愛を進めてしまう人が毎回失敗してしまうワケ

どんな女性でもシンデレラみたいになれる方法

恋愛を制する女性は○○をコントロールしているという話

相手への気持ちが執着なのかどうかを見極める方法

2度目のデートに繋げられない人が毎回犯してしまっている”禁忌”とは?

 

・・・などなど、内容は盛りだくさんです。

 

 

【こんな女性にオススメ】

・積極的に出会いの場には行っているけどなかなか彼氏が出来ない

・せっかく出会えても2回目以降のデートが繋がらない

・気になる人が出来ると、いつも彼のことばかり考えてしまう癖がある

・マッチングアプリでアプローチしてきてくれる人は毎回タイプじゃない

・タイプの人からアプローチされたと思ったら、既婚者・彼氏持ちパターン

・いつも「追いかける恋愛」になりやすい

・好きな人から追いかけられる恋愛がしたい!

 

 

結婚6年目に突入した私が、

パートナーとの関係がより良好になるために実践してきた内容も配信中なので、

長く付き合っている彼氏がいる女性

結婚して子どもがいる女性

にも役立てるコミュニティになっています。

 

 

いつまでも本命の座を勝ち取れる女性を目指して、

フェリステで恋愛マインドを高めてみませんか?

現在登録者多数のため休止させて頂いております。

再開となりましたらブログでお伝えさせて頂きます。

Felice Stage

 

参加はどなたでも【無料】です。

みなさんのご参加、お待ちしてます☆