欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

あなたの幸福度を高める一番の近道となる生き方

 

 

こんにちは、ERENAです。

 

最近も色んなメールを頂くのですが、

(いつも感想を送ってくださりありがとうございます^^)

みなさんそれぞれ悩みを抱えていて、

でも少しでも前に進んでいきたいなって気持ちを持たれてるんですね。

 

メールを読む中で、直感的に感じたことを

今日は徒然書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

どういう人と関わっていきたいのか?

 

 

実は、最近私が大事にしている「テーマ」があります。

 

 

それが

 

本音で生きる

 

ということ。

 

 

 

そんな書き方をすると、

「ERENAさん、これまで本音で生きてこなかったんですか?」

そんなことを思われるかもしれませんが(笑)

 

 

本音というのは、自分の心の声を大事にするという事です。

 

 

 

みんな誰しもある程度の基準というものがあると思います。

 

 

例えば人間関係。

私の中で絶対関わりたくないなっていう人の特徴があります。

 

・会話が悪口ばかり

・不平不満が多い

・上手くいかないことがあるとすぐ人のせいにする

・見下した言い方ばかりしている

・食べ方が汚い人

などなど・・・

 

誰しもこういう人と関わるのは嫌だと思うんですが、

時に、そういう人とも付き合わなければいけない状況もあったりしますよね。

 

 

私は新卒でエステ会社に入社をし、とある店舗に配属をされました。

そこには、お局と言われる女性がいたのですが、

彼女の言動はとてつもなく酷いものでした。

 

 

まず、とにかく言葉の表現がマイナスのものばかりで、

耳をふさぎたくなってしまうような言い方ばかりだったんです。

 

 

お客様への対応が終わるとスタッフルームに戻るのですが、

毎日スタッフルームは地獄絵図でした。

 

 

「てめぇそんなこともわかんねえのかよ」

「そういう態度がイラつくんだよ」

「売上上げろって言ってんだろうが。そのまま帰ってくんじゃねーよ」

※新規のお客様を逃してしまうと、毎回このように言われます。

 

 

これが日常茶飯事。

 

 

ちなみは私は3か月で辞めたんですけど(笑)

こういう人たちとは仕事したくないって思ってしまったんです。

 

 

当時、色んな感情が生まれました。

 

 

「入社して3か月で辞めるって大丈夫?」

「転職しても、3か月で辞めたって悪いイメージになるかもよ?」

「メンタル弱い人って思われそうだよね」

「責任感も無い、継続力もない人と見なされるだろうね」

 

なので、何度も何度も踏みとどまろうと思いましたが、

当時私の中で譲れない想いがあったんです。

 

 

どんなに

「女性をキレイにしたい」

「素敵な女性になってもらいたい」

そういう想いや高い理念を持って仕事をされていても、

その人の発する言葉には、全てが詰まってるよなと感じていて。

 

 

裏で汚い言葉を発している美容部員に、

自分を綺麗にしてもらいたいとは到底思えませんでした。

 

 

なので私は意を決して退職をしました。

当時、マネージャーやお局、店長からありとあらゆることを言われました。

(ご想像にお任せします^^;)

 

 

「社会人として確かに私の選択は間違っているかもしれない」

「先輩のせいにして、今の環境から逃げただけかもしれない」

 

 

様々な不安もありましたが、自分の心に素直に従ったのです。

 

 

ただ、当時は相当色々なことを言われて退職をしたので

それが実は知らないうちに大きなダメージとなっていて、

その後いろいろな経験を経ていく中で、「本音を無視した生き方」が始まりました。

 

 

本音を言えない=すべてがマイナスな結果を生む

 

これは仕事では無かったのですが、

当時お付き合いをしていた彼に対して言えなかったことがありました。

 

それが肉体関係についてです。

 

どんな本音が言えなかったのか?というと、

彼とスキンシップをしても、毎回気持ちよくなくて嫌だったんですね。

 

 

でも彼のことは嫌いじゃないし、むしろ好き。

だからどうしたらお互い良いスキンシップが出来るかを考えたかった。

 

 

でも、当時の彼は8歳年上。

これまで女性経験も豊富ということもあって、

「気持ちいいと感じられない私が変なのかな」と思って、言いませんでした。

 

 

彼はプライドも高く、自信もあるタイプだったので、

「気持ちよくない」なんて言ったらどうなるんだろう・・・

 

 

そんな心配もありました。

 

 

でもとりあえず、

”気持ちよくなってる私”を演じていたんですね。

 

 

ただやっぱりだんだんと彼とのその時間が来るたび、

苦痛で苦痛で仕方なくて。

 

 

これから先、彼と付き合っていることで

この苦痛が続くのであれば、私は耐えられないと思いました。

 

 

なので別れを切り出しましたが、理由は別のことを伝えたので

別れるまでに相当時間がかかりました。

 

 

半年かかって別れる事は出来たのですが、

その時初めて気づいたことがあったのです。

 

 

「私がちゃんと本音を言わなかったことで、

この次、彼と付き合う相手の女性が私と同じように傷つくことになるかもしれない」

 

 

もし、その相手も本当のことを言えなかったら?

また同じように苦しむ女性が生まれるのでは?

 

 

 

自分に対しても、相手に対しても本音で生きていかないということは、

別の誰かを傷つけることになるではないか?

 

 

そう感じたときに、本音で生きていくことを大事にするようになりました。

 

 

 

ちなみに例の彼は、その後新しい彼女が出来ても

すぐに別れてしまっていたようです。

 

破局の原因まではハッキリわかりませんでしたが、

いまだに彼は独身のままだと、共通の友人から聞いています。

 

 

その後お付き合いする相手に対しては、

想ったことをハッキリ伝えていましたし

(もちろん言い方は気を付けています)

異性だけでなく、それは人間関係全般にも活かしてきました。

 

 

本音でぶつかり合うからこそ生まれるもの

 

そこから、少しずつ関わり方も変わって、

付き合う人も変わって行ったなと思うのですが、

また何度も「本音で生きる」ということを辞めたくなってしまう出来事は何度も起きました。

 

 

 

 

本音で生きるって

自分の心の声をちゃんと聞くって、

当たり前のことで大事なことではあるのですが、

なかなか、そう生きることが出来ない人が多いよなと感じています。

 

 

 

「それは間違ってると思う」

「それは違うと思う」

 

人として、どうなんだろう?と感じることを

そのまま相手に伝えると、大抵怒りをぶつけられます。

 

 

怒りをぶつけてくるという事は、

言われた内容が正論だから、図星だから怒っているわけなのです。

 

 

「浮気してるでしょ?!」と聞いて、

「浮気なんてしてるわけないだろ!」と怒る男性いるじゃないですか。

 

あれって大抵図星だからなんですけども(笑)

 

 

でも怒られると、シュンッてなんちゃうんですよね。

心が傷つくというか、少なからずダメージを受けるので。

そしてついつい、本音を言わない選択をしていきます。

 

 

 

でも、それってどうかなって思うんです。

 

 

 

「どうしてもこれだけは譲れない嫌なこと」

 

 

それをされたときに、ハッキリ嫌だと主張をする。

これは大事だと個人的に思っています。

 

 

本音でぶつかり合うからこそ気づけるものがあります。

 

それは自分の間違いに気づくことかもしれないし、

相手が本当に自分を想ってくれていることかもしれません。

 

 

仮に本音で向かったことで、

離れる選択が生まれたとしても、

以前よりも確実に良い関係性が生まれていることは確かです。

 

 

私も旦那さんとはかれこそ8年一緒にいますが、

何度も本音で向き合いながら、関係性を築いてきたなと感じます。

 

 

 

本音で生きるって難しそうなイメージがあるかもしれませんが、

決して難しくはありません。

 

 

例えば私であれば、冒頭であげたもの。

 

・会話が悪口ばかり

・不平不満が多い

・上手くいかないことがあるとすぐ人のせいにする

・見下した言い方ばかりしている

・食べ方が汚い人

 

 

こんな風に、具体的に書き出してみるのをオススメしています。

 

例に出したのは「関わりたくない人」ですが、

反対に「関わりたいなと思う人の特徴」を書き出すのも全然okです。

 

 

きっとこのブログの読者さんたちの中でも、

「絶対こういう男性とは付き合いたくない」という

あなたの中の基準ってあると思うんです。

 

もしなければ、この機会に書き出してみてもらえたらなと思います。

というのも、明確に自分の求めてるものが何なのか?が分かってくるからです。

 

 

そして、その基準がしっかり意識できるようになると、

嫌だと思っている人との出会いは減っていくようになりますし、

反対に、出会いたいと思っている人との出会いに恵まれるようになってきます。

 

 

何故なら、

あなたの言葉が変わるからです。

 

 

「不誠実な人とは関わりたくない」

 

そう強く思っているのであれば、

あなたの言葉、日々の行動にそれも現れてきます。

 

 

人の悪口をいつも言っているグループってありますけど、

あれは皆、悪口を言うのが楽しいと感じているからなんです。

また誰かを下に見る発言をすることで、自分が上に立てたような感覚を味わえる。

それが快感に感じる人たちは、悪口を言うのが好きです。

 

 

・・・こんなことを書いていると敵を増やしてしまいそうですが(苦笑)

 

 

 

ただ悪口って良いこと一つも無いので、やめた方が良いよなぁとは思います。

時々相談者さんの中でも、

浮気した彼に対する悪口をすごい言っていた方がいたのですが、

そういう時って、新しい出会いがあっても同じようなタイプの男性を引き寄せてしまうんですよね。

 

 

あなた自身を大事にする生き方にシフトすることは幸福度を高める一番の近道

 

恋人とのお付き合いの中で、

「これだけは嫌」というものがある人は、

ぜひ少しずつでも良いので、本音を伝えてみることを実践してみてもらえたらなと思います。

 

 

本音で向き合えていないから、

色々な形で問題が勃発しているケースって本当に多いんです。

 

 

 

本音で向き合うことってかなりエネルギーを使います。

人はエネルギーを使うことは、なるべく避けようとします。

 

省エネモードで生きたいと思ってしまうんですね。

 

 

でもいつまでもその状態で過ごしているままだと、

本当に自分が求めていることにも気づけないままになります。

 

 

 

で、私が最近気になっている少女マンガがありまして、

「さよならミニスカート」というものなんですが。

 

www.abayoo.biz

 

 

すごい強烈なメッセージ性を感じた作品だったんですね。

 

 

男女平等と言われているけれども、

それでもまだ女性を見下した発言や行動をしている男性は多く、

(浮気、痴漢などといった事件も、そういった意識問題から来ているケースが多いです)

女性が本音を言えない現状、そして生きにくさを感じる世の中、

それがまだまだあるなと、個人的に思うのです。

 

 

「さよならミニスカート」では、

そんな女性たちの声なき声を取り上げていると言いますか、

これからは、もっと私たちも本音を大事にしていこう

人からどう見られるか?を気にして言えなかったこともきっとあると思います。

 

 

嫌われたらどうしよう

関係性が悪くなったらどうしよう

 

 

そういう気持ちが生まれてくるのもすごくわかります。

 

 

でも大事なのは、

「本当は自分はどうしたいのか?」だと思うのです。

 

 

本音で生きていくことは、自分自身を大事にすることでもあると私は思っています。

 

 

 

「私」という人間は、一生のパートナーです。

命果てるその時まで、24時間365日寄り添っている「自分」の心の声。

それを大事にする生き方をこれまで以上にしていきたいし、

そういう人たちが増えていったらいいなと思うのです。

 

 

 

そうすると、不思議なもので、

驚くくらい人生生きるのが楽になります。

 

 

何でこれまでこんなに悩んでいたんだろうって感じるくらい、

今までの悩みってちっぽけだったなと感じるくらいになります。

 

 

そうなると、ちょっとのことではめげなくなります。

明るく前向きな自分でい続けることが出来るようになります。

 

 

 

すると、同じように明るく前向きな素敵な人との出会いを引き寄せます。

 

 

 

 

実は私はしょっちゅう、旦那さんに言っています。

 

時々ね、「あの店員クソだ」とか言うんです。

なので私もハッキリ言います。

 

 

「そういう汚い言葉使わないで欲しい。

子どもたちも聞いてるよ。嫌な気持ちになる」

 

 

大抵そういうこと言うと、一瞬ムッとされるんですけどね。苦笑

でも嫌なものは嫌だから、ハッキリ伝えていますし、

いつまでもそういう言葉遣いをし続けていたら、

どこかしらで本人が損をするだろうなということも分かるから、

空気が悪くなるかもしれないと分かっていながらも言います(笑)

 

 

 

 

あなたの心が求めるものを、

あなたの心が本当に喜ぶ生き方を

ブログを通しながら一緒にしていけたらいいなと感じる今日この頃です。

 

 

 

P.S

Tinder体験談、ありがとうございました!

来週以降、随時アップしていく予定ですのでもうしばらくお待ちください^^