欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

溺愛される女性になることは決して難しいことじゃない

 

こんばんは、ERENAです。

 

最近は溺愛女性目指しませんか?

という内容でお伝えさせていただいていました。

 

そういう女性になるための

プロセスについてお伝えしていく前に

私の現状をシェアしておこうと思います。

 

 

というのも、

私のパートナー関係に関して

現状をお伝えすることで

 

 

より具体的なプロセス

 

そして

 

 

男性のリアルな気持ち

溺愛したい女性に出逢うと

男性はどうなるのか?

 

パターン別にもお伝えしていけたらと

思ったからです。

 

 

 

男性も色んな方がいますが、

全てにおいて共通してることは

 

「その子のためにとことん頑張り出す」

「その子の役に立ちたくて仕方なくなる」

 

ということです。

 

 

なのですごく想ってくれてること

大事に大事に接してくれてること

 

を感じることが出来ます。

 

 

 

じゃあ私のパートナー状況は?

と言いますと、

ポリアモリーとして生きているということです。

 

 

ポリアモリーに関しては、

色んな感じ方や捉え方がありますので、

抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

現在、私は2人のパートナーがいて、

パートナー同士も

互いの存在を知っています。

 

 

ちなみにパートナーは

わたしとは反対でモノアモリーです。

 

 

私は愛すべき存在を

たった一人に選べないけれど

 

それでも一緒にいたい

支えていきたい

傍にいたい

力になりたい

 

そう思っていただけての今があります。

 

 

自分がポリアモリーに当てはまることに気付いたときから

「一人を選べない自分」が受け入れられませんでした。

 

 

それなのに

 

「それでも君だけを愛したい」

「君以上に好きになれる人は

二度といないから」

 

というパートナーたちの想いと

矛盾や自分っておかしいのかななどと

自己嫌悪に陥ったこともあります。

 

 

私もパートナーたちも

かなりもがき苦しみましたけども、

とことん愛したいと想ってもらえること、

そう想ってくれる異性が一人ではないことは、

とてもありがたいことだと感じるようになりました。

 

 

そして、

あくまでも私のケースはですが、

色々なことが上手く回るようになっていったので、

世間的には色々想われる生き方かもしれませんが、

自分を素直に受け入れて良かったと思っています。

 

 

 

 

ちなみにパートナーが複数いると、

寂しかったんじゃないか?とか

満たされない気持ちがあったんじゃないか?

と色々言われることもありますが、

 

きっかけは全く違っていて、

そんなことを思っていたわけではなかったんです。

 

 

向こうは、

(くさいセリフっぽく言うと)

いわゆる運命の相手に出逢いたい

心の底から好きって想える女性と出逢いたい

 

と思っていたそうです。

 

 

愛し愛される中で、

より現実を前向きに生きていける

「この人がいると何だって頑張れる!」

 

 

そんなパートナーを深い部分で探していたとは思います。

 

 

 

一つ誤解しないで頂きたいのは、

ポリアモリーになってほしいわけでもなく、

ポリアモリーになる必要はないよってことです。

 

 

望んでポリアモリーというパートナー関係になったわけではありません。

 

 

常に本音で向き合い

感謝を忘れず

自分の本心を大事にし続けていった結果、

私はポリアモリーという生き方に当てはまる人間だと気づいたのです。

 

複数のパートナーがいるって

見方によっては良いなと感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、

「パートナーは私一人だけを選んでくれているのに、私はひとりを選べない」

という苦しみがあります。

 

 

これはなかなか苦しいものがあるので、

決して楽観的な考えで

複数のパートナーといることを選んでいるわけではないということだけお伝えしておきます。

 

 

 

と話は逸れてしまいましたが・・・

 

私がポリアモリーということは

一旦置いておいても

 

 

とことん愛される

とことん大事にされる

溺愛されまくる

 

この感覚で生きていけることができると

恋愛でも悩むことなくなるんじゃないかなって想います。

 

 

何故なら

そうやって生きてる女性って

出逢おうとしなくても引き寄せちゃうからです。

 

 

素で愛されガールの振る舞いができるので、

男性に優しくされますし、

この子の力になってあげたいなって

自然と思わせることが出来てしまうからです。

 

 

また男性は基本独占欲がありますから、

「手放したくない」と想ったら

一生懸命になるし、

その子を独り占めしたいから結婚も申し込まれます。

 

 

 

しかも早いです、展開が。

 

 

 

なので、

私はポリアモリーという生き方をしていますが、「溺愛される秘訣」というものは、

色んな角度からお伝えして行きたいと思っています。

 

 

少しでも愛されまくる女性たちが

増えていったらいいなと思っていますし

 

それによって男性たちも

キラキラした愛を感じられる

心の底から満たされる感覚を味わえて

日々のお仕事も頑張れれば

 

愛が溢れて素敵だなって思っています。

 

 

 

心からとことん

愛し愛される関係性を築くことは

決して難しいことではありません。

 

 

いつも自分の心に素直に生きていたら

引き寄せられるものなのです。

 

 

自分を大事にしてるから

誰よりも自分が自分を愛しているから

 

外側の世界からも

自分を大事に愛してくれる存在と

出逢えることが出来るのです。

 

 

ぜひ、参考にされてみてくださいね*

 

 

 

それでは、また。

 

 

 

ERENA