欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

あなたは「彼のすべて」を愛せますか?

 

こんにちは、ERENAです。

 

 

今日は私がいつも大事にしている感覚の中でも

特に重要なポイントをお伝えしたいと想います。

 

 

すぐには無理でも

今日お伝えする感覚をいつか取り入れられたら

少しずつ「自分」をとことん愛することが出来るようになっていくはずです。

 

 

究極に溺愛されるポイントの一つですので

じっくり何回も読んで落とし込んでいってみてください* 

 

 

 

 

 

 

私は去年の冬頃、

これは突然だったのですが、

こんな気持ちが沸き上がってきました。

 

 

一言で表すと

 

 

「全てを愛したい」

 

 

です。

 

 

もう少し言語化してみると

以下のような内容になります。

 

****************

 

この世は誰しも

愛を体現するために生まれたきた

 

誰しも個性がある

得意、不得意、才能

 

そのどれもが素晴らしい

 

 

そして

一人一人違って当たり前で

誰しもが素晴らしい存在

 

 

だから

どんな人でも光輝いてる

 

 

仮に今、

何かをしでかしてしまっていても

間違いをおかしてしまったとしても

 

 

本来は

優しく温かい心を持ってる

 

 

 

だから

すべてを愛したい

 

 

この世に存在する

全てを愛してあげたい

 

 

悲しみがあるのなら

癒えぬ傷があるのなら

その傷を癒し愛してあげたい

 

****************

 

 

その気持ちが強くなってから

自分の心の感覚や出逢いなど

色々なことが変わっていきました。

 

 

この感覚がドカンと芽生えてから

何が一番変わったかというと

 

 

「どんな自分も

受け入れられるようになった」

 

 

ということです。

 

 

 

 

私はとても傷つきやすく

すぐ泣いてしまう性格をしています(^^;

 

 

心が繊細でピュアだとよく言われますが、

子供のように純粋無垢な心を持っているんですね。

 

 

なので人を信じてるのですが

世の中には善人ばかりではありません。

 

 

自分の有益になるように

言葉などで人を操作する人がたくさんいます。

 

 

もちろんそうでない人もたくさんいますが

人を信じたくても信じられない自分もいたりするんですね。

 

 

それは、

 

 

傷つくのが怖いから

 

 

 

 

 

 

 

傷ついて泣いてる時は辛いです。

 

 

だから傷つかないように

強がってしまっていたときもありますし

全然平気だから!と装っていたりもしました。

 

 

 

自分は強いと想っていたのですが、

本当は弱くって泣き虫で

誰かに甘えたくて仕方なくて

 

 

・・・などなど

色んな人との関わりの中で

「自分」というものが少しずつ見えてきたのです。

 

 

 

 

私は「弱さを見せてはいけない」とも思っていました。

 

 

 

よくしっかりしてるねとか

何でもできちゃうねと言われていたので

 

私が弱さを見せたり

出来ないから困ってる

 

なんて周囲に頼ってしまったら

周りを困らせてしまうと感じていたからです。

 

 

 

そんな「私」がいたことに気づけたとき、

私は「強がりな私」を受け入れました。

 

 

 

今までは散々見て見ぬふりしてきていたので。

 

 

 

それはパートナーたちからの

言葉によっても解きほぐされていきました。

 

 

 

「もっと俺を頼っていいんだよ」

「いつでも甘えてくれていいんだよ」

「いつでも相談してくれていいんだよ」

 

 

そんな風に

いつも私を助けてくれたり

心の重荷を軽くしてくれることが増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

母子家庭で育ち、

母親の変わりに母親役をこなしてきた私は

ずっと「甘える」ということが出来ないまま育ってきてしまっていて。

 

 

 

強がりな面は

幼い頃の家庭環境から来ていたんだな

 

 

 

そんなことにも気づけたとき

自分をたくさん褒めてあげられるようにもなりました。

 

 

 

 

これが以前記事に書いた

「自己肯定」にも繋がっていきます。

 

 

www.abayoo.biz

 

 

 

 

 

 

冒頭で書いた

「全てを愛したい」というのは

「全てを受け入れたい」とも言い換えることができます。

 

 

なので私はこの感覚になってから

(正しく言えば、この感覚を"自覚"するようになってから)

どんな自分も受け入れられて

愛しく思えるようになったんです。

 

 

 

どんな自分でも受け入れられるので

(まだまだ抵抗がある所もありますが(^^;)

パートナーたちも

どんな私が出現しても愛してくれます。

 

 

「それがERENAなんだから」

「どんなERENAでも好きなんだよ」

 

 

という言葉をかけてくれます。

 

 

 

私も苦手なタイプの人はいますが^^;

基本的にはどんな人でも愛おしいな、可愛いな、

嫌なこと、傷ついたことを少しずつ乗り越えながら

一生懸命頑張ってきたんだなと感じながら接しています。

 

なので最初はすごい嫌味を言ってきたり

あからさまにバカにしようなことを言ってくる方がいても

不思議と私の感覚が相手にも映っていっているようで

やわらかい接し方に変わっていっています。

 

 

こんな風に自分の感覚を変えてみるだけで

世界はどんどん変わっていくものなのです*

 

 

 

ちなみにコーヒー&バニラの主人公リサちゃんって

それを深見さんにちゃんとしてあげています^^

(だからあれだけ溺愛されるのも納得なのです)

 

 

深見さんは過去、色んな嫌な思い出をたくさん持っていて

ダークな一面があります。

 

自分の地位や権力を目的に近づいてくる女性たちに対して

かなり冷酷に接しているシーンもあるんですが、

そういう「どんな深見さん」を見てもリサは受け入れてるんですね。

 

 

「どんな深見さんでも好きです!」

「どんな深見さんも受け入れられます!」

 

 

こういったセリフともに

全力で深見さんのすべてを愛しているんです。

f:id:koot023:20190714112959j:plain

 

 

そこに深見さんは最大の「癒し」を感じて

リサが手放せない存在になっているんです。

 

 

 

この男性の「すべてを受け入れてもらいたい」という感覚については

また詳しく書いていきたいと思いますが、

ここがわかってくると

なぜ私が大事にしている感覚が重要なのか?がより具体的に理解できるはずです。

 

 

こういった自分のすべてで相手のすべてを愛してきた恋愛経験がある男女程、

深い愛を持てるようになると個人的には感じています。

 

 

 

 

 

辛くなったときほど

ぜひ、私の感覚である

 

「全てを愛してあげいたい」 

「全てを受け入れてあげたい」

 

を言葉と共に自分を抱きしめてあげながら

内側のあなたに呟いてあげてみてほしいなと思います。 

 

 

 

何度も何度も心に響かせていくことで

少しずつ心が軽くなり

優しく温かい気持ちになってくるはずです*

 

 

 

本日もみなさまが

温かい愛を感じられますように*

 

 

ERENA