欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

「自分軸」で生きることは「溺愛」に繋がる

 

こんにちは、ERENAです。

 

 

自分が欲しかったもの

願っていたことが叶った

 

 そう喜ぶ人を見て

いいな~と思ったことがある人は必見の記事です。  

 

 

 

 

 

「願いが叶う」

 

 

これは決して難しいことではありません。

 

 

願いが叶ったり

望んでいた未来が手に入った人たちに

共通してることは

 

自分の本音をちゃんと聞いてあげている

 

 

という点です。

 

 

 

これは耳が痛くなるくらい何度も書いていることですが、

なぜ本音を聞いてあげて、

それに応える生き方をするのが大事なのでしょうか?

 

 

 

それは

 

 

その本音に応え続けてるあなたが

 

「本物のあなた」

 

 

だからです。

 

 

 

 

*本当はこうしたい

 

*話しかけてみたい

 

*連絡してみたい

 

*でもやっぱり待ちたいから待ってみる

 

 

とか。

 

 

私たちは

色んな矛盾が生まれるように出来てます。

 

 

 

私だと最近は

体重は増やしたくないけど

どうしても甘いものを食べちゃう とか(笑)

 

 

 

 

恋愛でもそうです。

 

 

 

 

本当は連絡をしたい。

でも彼からの連絡を待ちたい私もいる。

 

 

 

じゃあどうしたい?

どちらも選べるよ?

 

 

そう問いかけたときに

「待ちたい」

が出てきた答えだったので待つことを選択する

 

 

わたしはいつも

そうやって一つずつ選択をしています。

 

 

 

 

パートナーともそうです。

 

 

パートナーと向き合ってるとき

言いたいことがたくさん生まれました。

(もうこれでもかってくらい価値観が違いすぎたので(^^;)

 

 

 

最初は向こうが仕事中だから

やめておこうとか

控えめにしていた私がいましたけど

 

いつも立ち止まって考えていたことは、

 

「”彼”って主語は一旦おいといて

わたしはどうしたいの?」

 

 

でした。

 

 

 

言いたいと思ったら言いましたし

今はやめておきたいってときは

ストップかけたり

主語をいつも「私」に変換してから

行動の選択をしたんです。

 

 

ちなみにこれを「自分軸」とも呼びます。

 

 

 

 

 

 

「彼が」

「あの人が」

「職場が」

 

 

など、

主語が自分ではなく

周りを基準として行動の選択を悩んでいる人は

「他人軸」の生き方になってしまっています。

 

 

他人軸も悪いものではありませんが、

ずっとそれを続けていると「本来のあなた」が見えなくなります。

 

 

あれ、私って何をしたかったんだっけ?

となってしまうんですね。

 

 

「こんなことがしたかったわけじゃないのに」

 

そう後から気づくことが多いのが他人軸で生きている人のパターンです。

(周りに流されていた、とも言い換えることが出来ます)

 

 

 

あなたの心の中の本音を聞いて

それにあなたが応えてあげるから

本物のあなたが輝き出します。

 

 

 

そして本物のあなたは

キラキラしていますから

同じように生きている人や

本当はそうやって生きたいと思ってる人には

魅力的に映るのです。

 

 

 

本音であなたらしく生きていて

嫉妬心を向けてくる人がいたら

それは「羨ましさ」をぶつけてきているだけなので気にしなくていいんです。

 

 

 

わたしもパートナーとの関係性を聞かれて

素直に話すと大抵羨ましがられます。

 

 

 わたしは基本的に甘えてるだけで

ただ、毎日を楽しく生きているだけ。

 

そんな私を愛しく思って

 

支えたい

力になりたい

傍にいたい

尽くしたい

 

と思って行動に移してくれてます。

 

 

 

 

 

今井美樹さんのPRIDEという曲に

こんな歌詞があります。

―――――――――――――――

わがままさえ

愛しく想えたなら

ほんとうに幸せ 

―――――――――――――――

 

これは事実のようで

本当に好きで愛しいと

わがままさえも可愛く見えて

何でも聞いてあげちゃいたくなるそうです。

 

 

 

コーヒー&バニラの

深見さんもリサにそんな感じですよね。

 

 

 

マンガは非現実的な世界だと

思うかもしれませんが

本音を聞いて楽しく生きてたら

リアルな現実になるものだと

私はいつも感じています。

 

 

 

あなたがしっかりと「あなた」を生きていくためにも

本音を聞いてあげてほしいなと想います。

 

 

 

悩みを書き出したときに

主語が他人になってたら

自分に直す習慣も取り入れてみてください。

 

 

少しでも参考になりますように*

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

ERENA