欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

嫉妬される人生だということを受け入れ始めてから

 

おはようございます、ERENAです。

 

 

今日は私の体験談から

大切なことを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

ずっと昔から自覚がありませんでしたが、

(自覚がなかったのも幸か不幸かわかりませんけれど;)

 

 

 

母親を含め、

女性たちからたくさん「嫉妬」をされてきました。

 

 

 

合コンを毎晩開催していたときも、

有名な経営者さんのコミュニティに入っていたときも

どんな職場でも

 

 

私はいつも男性から大事にされることが多かったです。

 

 

 

私は私で一生懸命みんなを楽しませることをしていただけですが、

 

 

ERENAは彼氏がいるのに

ERENAは結婚してるのに

私の方が頑張ってるのに

私の方が○○さんにアピールしてたのに

 

 

ERENAはいつも自由で欲しいものを全て持ってる

 

 

 

みんなERENAのことを好きになる

私なんて出る幕ない

 

 

 

などなど。

 

 

 

思い起こせば色んなことを

言われてきましたけれど

私はいつもこう思っていました。

 

 

 

上手くいかない現実を

外に原因があると認識しているうちは何も変わらない

 

なぜなら内側=外側だから

 

 

 

 

私はいつも常に自分に対して

この言葉を言い続けてきました。

 

 

 

嫉妬や心無い言葉をかけられて

辛いなって

なんでそんなことを言うんだろう?

 

 

私はただ

ありのままの私で生きていて

そんな私を好きだと言ってくれる人がいる

支えたいと言ってくれる

 

 

本当にそれだけなんだけどな

 

 

と思ってました。

 

 

 

 

そしてパートナーから言われたんです。

 

 

 

「ERENAは堂々と生きてるから

どんなことでも全力で向き合ってるから

だから色んな人に愛されるんだよ。

 

それってERENAからしたら当たり前なことだったかもしれないけど、

多くの人はそうなりたくてもなれない。

 

だから嫉妬って形で ERENAにぶつけてきてるんじゃないかな。

 

 

でも嫉妬に負けないで。

ERENAは嫉妬される人間だってことを受け入れて笑顔でいたらいい。

それでERENAが本当のERENAを閉じ込めてしまう必要はないんだよ。

 

心無い声に傷ついたら

辛くて悲しくなったら傍にいて俺が守るから」

 

 

そう言われたときから

少しずつ気にならなくなっていきました。

 

 

 

むしろ嫉妬されたら

「ありがたいな」と想うくらいの余裕を持てるようになりました。

 

 

 

 

 人はみな

 

 

幸せになりたい

愛されたい

 

 

と願いながら

 

 

 

誰かが幸せだったり

とことん愛されている人を見ると

「ずるい」と感じる人が多いです。

 

 

でもそれって何もズルいことでも

なんでもないんじゃないかな~ 

 

 

 

そんなことを思ったんです。

 

 

愛されていること

幸せであること    

 

 

それは言葉で発せずとも

オーラに出てしまいます。

 

 

 

私はそれを隠す必要は無いと思ってます。

 

 

幸せなんだから

とことん笑顔で過ごしたらいい

 

 

 

そのあなたの笑顔が、誰かを救うからです。

 

 

 

ちなみに、幸せって

わざわざアピールするものでもないと思っています。 

 

 

 

よくSNSでリア充アピール?(なのかわかりませんが)

そういうことをして「いいね」を稼いでいる人を見かけますが、

幸せで満ち足りている人ほど、そういうことってしないものです。

 

 

そんなことせずとも

幸せな人っていつもニコニコしていて楽しそうにしているから。

 

 

 

アピールしなくても、

「きっとあの子といたら楽しいんだろうな~

幸せなんだろうな~」と感じさせてしまうのが本当に幸せを掴んでいる人

 

 

だと個人的には思っています。

(芸能人やブロガーなどお仕事にしている人は別です^^)

 

 

 

人の人生を羨むより

嫉妬を向けるよりも

 

 

 

「じゃあ私もどうしたら

自分の幸せ掴めるようになれるかな?」

 

 

ここにエネルギーを注いでいった方が

いいとは思いませんか?

 

 

 

 

嫉妬について考えいたら

宇多田ヒカルさんの曲をたまたま見つけました。

 

 

「嫉妬されるべき人生」

 

 

歌詞を読んで色んなことを感じましたが

嫉妬を恐れずに行こうと想えたんですね。

 

 

 

 

 

幸せになろうとすると

必ず足を引っ張る人って出てきます。

 

 

 

 

そこに決して負けないで欲しいです。

 

 

 

幸せになることを

決して恐れないでいて

 

 

 

それはあなたがもがきながら

一生懸命突き進みながら掴んだものだから

 

 

あなたが大事なことに

1つ1つ気付きながら得たものだから

 

 

 

誰にも何も言われる権利なんてない

 

 

 

私はそう思っています。

 

 

 

 

 

「私は幸せになっていいんだよ」

 

 

ぜひ、ご自身にそう許可してあげてください。

 

 

 

 

 

そんな風な人が少しずつ増えたら

憎しみあいも

誰かを蹴落として自分が幸せになろうとする人も

減っていくと思います。

 

 

 

 

幸せは人と比べるものじゃないから

大事なのは

「あなただけの幸せのかたち」は何かに気づくことだと想うのです。

 

 

 

 

 

 

今日も皆様が

愛を感じれる日となりますように。

 

 

 

あなたの幸せを願っています*

 

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

 

ERENA