欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

「女遊び」は男性の内なる女性性を傷つけてしまっているお話

こんにちは、ERENAです。

 

 

この世界は

いろんな経験ができて

いろんな楽しみができますが、

その中の「女遊び」というものがあります。

 

男遊びをする女性は少ないですが、

大抵の男性は「女遊び」を経験していくと思います。

 

 

「遊ぶ」というのは

悪いことではありませんが、

誰か傷つけたり

心を粗末に扱うような「遊び」は

何か違うな~と常々感じています。

 

 

女遊びをして、

傷つくのは女性ですね。

 

 

女性は「心」で、

相手を本気で愛したいという想いがあります。

 

これが「女性性」の大きな特徴でもあります。

 

 

なので、

男性は体で割りきった関係が持てても、

女性はそうもいかない

 

というのは、

女性が「心」で強く生きているからなんですね。

 

 

ただ男性にも「心」はちゃんとあります。

 

 

本気で誰かを愛したとき

かけがえのない存在と出逢えたとき

 

 

男性の中にある「女性性」が開花していきます。

 

 

 

 

男女ともに、

それぞれ男性性と女性性は持ち合わせているのですが、

女遊びを繰り返しているときって、

男性自身気付いてはいませんが、

自分の中の「女性性」を傷つけていると私は思っているんですね。

 

 

本来、

「たった一人を愛し抜きたい」とか

「たった一人と結ばれたい/出逢いたい」

という想いが男性の中にもあるからです。

 

 

女性はよく「運命の人に出逢いたい」と思いますが、男性も同じ事を深い部分では想っています。

 

 

 

で、私は女遊びを推奨していないんですね。

 

 

したければしてみてもいいと思いますが、

その時に満たされるのって、

 

性欲

達成感

(女性を落とせたぜ、関係持てたぜ!みたいな。。)

支配欲

 

などなんですね。

 

 

これが悪いわけではないんですけど、 

女性を相手にしてこういうことをし続けていると、

男性は自分の中の女性性を傷つけているので、虚しい現実がたくさん起こり始めます。

 

 

表面的な繋がりしか生まれない

本当の自分を見てくれる人がいない

その場は楽しいけど

深い話や色んなことを語れる友がいない

 

 

などですね。

 

 

 

本当にこの人といたいな!

分かり合えているな!

 

 

そんな人間関係からは

遠ざかっていってしまっているように見えるんですね。

 

 

本当はわかって欲しいことがある

本当は聞いてもらいたいことがある

本当は気づいて欲しいことがある

 

 

でも

 

言えない

わかってもらえない

気づいてもらえない

 

 

そのモヤモヤをどうしたらいいかわからずにいる人ってすごーく多いです。

 

 

 

そしてそういう人たちは、

そのモヤモヤを色んな形で発散させて

「無かったこと」にしてしまうんです。

 

見て見ぬふり、です。

 

 

 

 

ちなみに発散の形は色々あります。

 

 

 

食に走る人もいれば

本当に好きではない人と関係を持ったり。

(表面的には”好き”だと思っても根っこでは好きではない錯覚的なもの)

 

 

発散方法は「欲を満たす」ことが多いです。

 

 

でも、ご飯は毎日食べていても

お腹が空いてしまうように

どの欲もその瞬間は満たすことが出来ても、

それは本当の意味で心を満たせていないので

いつも虚しさが残っています。

 

 

 

すると

どんどん心が孤独になっていきます。

 

 

 

どんなに誰かと時間を共にしたとしていても、です。

 

 

 

特に女遊びをし続けてきた人は、

内側の女性性を傷つけているので、

遅かれ早かれ

 

傷ついて辛い思いをした心が

 

「私はそんなことしたくなかった」

「本当は愛する人とだけ結ばれたかった」

 

と叫びだし、 

 

いい加減、心の通った関係見つけなさいよ!

真の意味で分かりあえる人と繋がることに目を向けなよ!

 

と訴え始めるんです。

 

 

その頃、過去に傷つけた心の問題が

現実世界で表面化していきます。

 

 

愛してもらえなかったり

大事にされなかったり

裏切られたり騙されたり

 

 

 

それは全て過去、

自分で心に傷をつけてしまっていたからであり、

どんなに内側で訴えても気付かないあなたのために、心(魂)が外側の世界で問題を起こして気付かせてくれている

 

 

これが、

すべての仕組みです。

 

 

 

 

なので、私は正直

女遊びはおすすめしていません。

 

 

性欲が満たされ満足してる「内側」では

たくさんたくさんピュアな男性の心が傷つき続けているからです。

 

 

欲望に負けることは、

心を傷つけてしまっている

 

 

ということにも気づけると、

 

 

愛しいパートナーができたとき

 

 

愛のある関わり

愛のあるセックス

 

 

これが、当たり前になっていきます。

 

 

 

 

 

今日は男性向けの記事でしたが、

女性にも同じことが言えますので参考にされてくださいね。

 

 

男性たちの心も

これ以上傷付かず本当の意味で満たされていって欲しいと想っています。

 

 

 

 

たった一人の愛すべき人と

本当に愛あるセックスを体験すると

言葉に表せないくらいの幸福感があります。

 

 

すると、これまでのセックスが

どれだけちっぽけだったか

体でしか繋がってなかったことの虚しさに

気付けるものです。

 

 

 

あなたの内なる「女性性」を大事にしてあげていってくださいね。

 

 

 

本日も愛ある1日を*

 

 

ERENA