欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

「愛されない自分」なら関わる人も皆「愛されていない者」同士である

 

こんにちは、ERENAです。

 

私は相手の感覚がダイレクトに入ってくるタイプなので、

過去のその人の生き方、考え方も、そこからハッキリとわかることが出来てしまいます。

 

 

パートナーの一人は、

昔本当に冷酷と言いますか、

女性を傷つけることをたくさんしてきた人です。

 

 

セフレがいたこともありますし、

好きでもない女性と会って肉体関係を持ったり。

 

これも本人が言っていましたが、

そういう相手に対しては相当冷たかったと。

 

 

で、最近私の中に昔の「彼」が現れるようになったんです。

 

 

そして、昔の「彼」は

本当に心がない人だったことが

常々分かりました。

 

 

真剣に自分の想いを伝えてくれたり

自分のことを想ってくれた相手に対して

 

 

「だから何?」

「どうでもいい」

「あっそ」

 

 

そんな感じでした。

 

 

ただ表面的には、

そこまで酷い態度は見せていなかったはずで、メールとかでは優しくしていたみたいでが、

裏の顔はそんな感じだったんですね。

 

 

 

それを知ったときに、

どうしたらこんな風になってしまうのかな

 

 

と考えていたんです。

 

 

 

そして辿り着いた先は

 

 

「誰と一緒にいるか」

 

 

でした。

 

 

 

彼が一緒にいた人や

若い頃遊んでいたお友達から

大きく影響を受けている。

 

 

 

女性を大事にしない

体だけの関係が楽しいと感じる

人をバカにすることが当たり前

自分の得になることを基準に人と付き合う

 

 

などなど

本当に自分勝手で

かつ短気な生き方をしてきていた。

 

 

それは、どんなに優しい仮面をつけていても

ふとしたときにばれてしまうんですね。

 

 

 

だから私は

「誰と一緒にいるか」が大事だといつも想っています。

 

 

 

人を思いやれる人

人に優しくできる人

与えることができる人

 

 

はキラキラしていますし、

ピュアな心を持っています。

 

 

 

私はそういう人たちと出逢い、

そういう男性と恋に落ちることが多かったので、

これまでの人生で「どんな人と一緒にいるか?」で

「その人が創られてしまう」

というのをひしひしと感じます。

 

 

 

あなたが関わってきた人

そして今関わっている人

大事だと想っている人

 

 

本当にピュアな心を持っていますか?

 

 

人を思いやれている人ですか?

与えることができる人ですか?

 

 

 

 

あなたが欲しがりで仕方ないなら

文句ばかりの日常なら

人をバカにする面があったりするなら

 

そういう人と関わっているんです。

 

 

 

自分の人間関係は、

自分という人間を映し出す鏡です。

 

 

 

あなたはどんな人になりたいんでしょう?

 

 

 

理想とする人の近くにいるようにしましょう。

 

 

愛されてる人になりたいなら

とことん愛されてる人と一緒にいる。

 

 

 

すると、

大事な「感覚」が入ってくるのです。

 

 

 

 

人間関係の見直し

ぜひ一度されてみてくださいね。

 

 

 

本日も愛ある日々を*

 

 

ERENA