欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

男性性が強すぎたわたしに起きた女性性開花

 

こんにちは、ERENAです。

 

今日はわたしの実体験も含めて

女性性と男性性について

書いていきたいと思います。

 

 

わたしはパートナーの一人とお別れしてから

かなりの変化が自分に起きていました。

 

 

それって一体なんなのかなと、

ずーっと思っていたのですが、

それが「女性性の開花」であることに気づきました。

 

 

というのも、

パートナーとお別れしてから、

感情の起伏がかなり激しくなり、

毎日泣いてしまったり、

なぜかわからないけど悲しさが込み上げて、

何もやる気が起きなかったり。

(あまりにもひどかったので、

病院にいったところ、うつ病だと診断もされ、

何がどうなっているかわからない日々(^^;)

 

 

悲しい気持ちになる中でも、

パートナーとのお別れに対して、

涙が出る理由が、

本当にわからなかったのは事実です。

 

 

なぜなら、

わたしがお別れしたかったから。

 

 

とにかく本当にこの人と付き合うのはこりごり!

と感じて心のそこから別れたい!!!!

 

と思ってわたしは別れたので、

これまでの自分なら、

ちゃっちゃっと次にいっていたし、

別れられて嬉しい、

よっしゃ本当にわたしがしたかったことやるぞ~!

 

とアクセル全開になれていたんです。

 

 

 

でも、彼との関係においては

そうではなかった。

 

 

 

今、新たな出会いや、

日々の変化を考えてみると、

彼との別れがわたしの女性性を大きく開花させるきっかけとなってくれたのだとはっきりわかります。

 

 

わたしはてきぱきしているので、

よく「仕事ができる」「頼りになる」

いわゆるデキる女として見られていました。

 

 

ただ本来の私って、

そうではないんです。

 

 

とにかくぼけぼけして、

周りが動いていても、

動じずぼーっとしてたり、

かなり能天気で自由だし、

ふわふわしたものが好きで、

雲を見れば「わたあめみたい~」

とか考えるタイプ。

そして「なんとかなるもんね✨」精神。

 

 

それが本当の私だと思い出し、

心が「本当の私に戻りたい!」と

熱望して小さいけれども

色々な行動に移し続けていました。

 

 

 

そしてパートナーと別れる前までのわたしは、

本当の自分じゃなかった。

 

 

自分がなんとかしなくちゃ

自分が頑張らなきゃ

頼ってなんかいられない

 

 

そんな意識でいました。

 

 

 

のちに上記のわたしになったのは、

母親の影響がかなり大きいこと、

私を頼りにする男性(夫も含め)が

近くに多かったのも、

親との関係性にすべての答えがあったことにも気づきました。

 

 

わたしは今、

以前とは真逆に変化しています。

 

 

それは、

男性性が強すぎたわたしに、

女性性を開花させ、

自分の内側にある男性性と女性性のバランスを生み出していくこと。

 

 

 

そして本当にわたしが望んでいることを、

すべて叶えていくために、

必要なプロセスだったのだと、

今になってわかるのです。

 

 

 

自分の中の女性性が開花し始めて、

たくさんたくさん嬉しい変化が起きています。

 

人間関係、特に男性との関わりでは、

いろんな面で喜ばしいことが多く、

感謝の日々です。

 

 

 

ただその分、

男性性の強い女性からの嫉妬もありますが(^^;

嫉妬は羨ましさの裏返しだし、

ありがたいエネルギーだと感謝して、

受け取っております(*´∇`*)

 

 

そして彼がわたしの女性性開花に

一役かってくれたんだとも気づけたとき、

感謝でいっぱいになりました🌼

 

 

こうやってふとしたときに、

過去の出来事はどれをとっても無駄ではなかったと気づける。

 

そしてすべては必然なのだと感じられる。

 

 

だとするならば、

これから未来起きることもすべて必然。

自分が望んだ道を歩んでる。

 

 

それを感じられるようになると、

本当に毎日がわくわくしてきます。

そして感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

 

最後にですが、

男性性が強いときの特徴、

女性性が開花してきたときの特徴など、

こちらのブログを見ると分かりやすいので、よかったら参考にしてみてくださいね🌼

 

 

女性性開花で起きる「変化」と「進化」♡ | 美人の進化論


女性性開花で起きる「変化」と「進化」♡ | 美人の進化論

 

 

本日もありがとうございました🌼

 

 

ERENA