欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

あなたの「今」は未来の「何」に繋がってる?

 

先日コーチングの先生とも話していて、

すごい共感したことがあったので、

それを書こうと思います。

 

何かというと、

異性から好意を寄せられたことを

ステータスのように話す人とは

感覚が違うということです。

 

 

コーチングの先生は、

お客様の中に男性が多いそうなのですが、

恋愛関係にならないようにすごく意識していると言っていました。

 

 

ただ他にコーチングをしてる方の中には、

「お客様から告白されちゃったの」

と話してくるかたもいるそうなんですが、

わたしはもともとそういうのに興味がなくて、

それを嬉しそうに話している時点で、

何に重きをおいているのか?

ということがわかってくるわけです。

 

勘がいい人は、

上記のような女性がどういう人か?

瞬時にわかると思います。

これがわかる感覚があるだけで、

人を見抜ける力が鍛えられていきますよ。

 

 

 

わたしもマッチングアプリをしていたとき、

恋愛関係を望んでくる男性がたくさんいましたけど、

やっぱり一線置いていました。

 

 

なぜなら、モテたくてアプリをしてる男性と会っていたわけではないからです。

 

時にはブログで、

マッチング数や会える回数の高さを伝えていたときもありましたが、

それは自分がモテていることを伝えたいのではなく、

異性との関係を深めていくためのステップを踏んでいく上で、

誰でも実践できることを伝えて、

読者の方が恋愛勝算率をあげていければと思っていたからなんですね。

 

 

 

また彼がいたときも、

わたしは自慢などはしたことがありませんでした。

ただ当時同じような状況にあった女性の方は、

複数のパートナーがいることを一種のステータスのように話していて、

わたしはいつも違和感を感じていました。

 

 

わたしはどちらかというと、

ステータスのように感じていなかったし、

彼女たちのような感覚は嫌だなと思ってました。

 

 

付き合うパートナーを

ステータスのように話すということは、

結局それは自分の「飾り」なんです。

 

 

よくわたしはブログで書いていますが、

男女問わず異性経験の数、付き合った数を聞いてもいないのに話してくる人がいますが、

そういう人は、それしか自分のすごさを示せるものがないのです。

 

よくわたしが言っている、

 

表面的なものもので取り繕ってる

 

ということ。

 

 

本当のあなたは?

何を大事にしてきたの?

どんな風になりたくて生きてきたの?

生きがいは?

あなたにとっての幸せは?

そのことを話してるときって心の底から幸せなの?

 

 

わたしは、こういう質問をしてしまうんですが、

大抵こういう質問をすると相手は感情的になります。

 

 

中身がないから

すっからかんだから

 

 

自分の軸がないことを

思い知らされる

 

 

それが嫌で

大抵相手は目を背けます。

 

 

自分がしっかりある人に、

自分で自分の人生を幸せにいきるという覚悟を持って生きている人には勝てないからです。

 

 

 

モテてきたこと

 

それはすごいことかもしれませんが、

人生生きていると、

それっていかにちっぽけなことかがわかってきます。

 

 

それよりも大事なことってあるし、

むしろそれよりも大事なことの方が多い。

 

 

 

そこのところに気づけるか気づけないかは、

きっとその人が今世でどう生きていくかを決めているのかもしません。

 

 

ただ人って深い部分では気づいてることの方が多いです。

 

 

 

虚しさを感じていても、

そこに目を背けてる。

 

 

人とは違う生き方をしていくこと、

周りとは違う生き方を選択していくことは勇気がいることだから。

 

 

 

わたしはいつも、

人とは違う選択ばかりしてきました。

 

群れることもいつも避けてきていました。

 

世間的な幸せにもいつも疑問を感じていました。

 

 

それはわたしの感覚に従って生きてきていて、

わたしの感覚のなかには、

世間的な幸せがわたしにとっては幸せではないことがわかっていたから、

何度も怖いなって思ったときも、

人とは違う方向に舵をとってきました。

 

 

そのおかげで、

人とは違う人生を歩んでますが、

やっぱり楽しいし幸せなんですよね。

 

 

 

人によって幸せは違いますので、

異性関係をステータスにして、それが喜びとなっている人も、

今それがその人にとっての幸せなのだとしたらそれは正解なのです。

 

 

ただわたしは生きていて、

人の本当の幸せは表面的なものでは決してないこと、

表面的なもの、目に見える幸せを追い求めた先にあるものは、虚無感であり、ただ欲求を満たし続ける日々の繰り返しである

ということが感覚的にあって、

 

動物だったら、それでもいいんだと思います。

 

でも私たち人間には

感情というものがあって、

だからこそ、幸せになりたければ

「前提」がとても大事になってくる。

 

この「前提」は「人としてあり方」とも言い換えることができます。

 

 

 

あり方の部分に、

人望、生き方、手にしているものの質など、

いろんな側面から「素敵だな」と感じるものが滲み出てくるものなのだと感じます。

 

 

 

 

いろんな人がいますが、

わたしはわたしの生き方をし続けていていきたいし、

わたしの中にあるわたしにしか感じられない「感覚」を大事にしながら、

本当に望んでいる人生のために、心地よさを感じながら歩んでいきたいと思います。

 

 

 

 

また常々、

 

「誰と一緒にいるか」

 

は本当に大事です。

 

 

 

人は一緒にいる人から

影響を受けますから、

表面的に取り繕ってる人たちといれば、

自分もそうなっていってしまうので、

自分がこうなりたいと思う人と一緒にいる努力をすることは大事です。

 

 

働いていると、

「この人の感覚はお断りしたい」

という方にも出会うのが正直なところなので、

そこは上手に関わっていくしかないですが、

不思議なもので、そういう人とは離れていくものだし、

同じ感覚や考えを持っている人同士で引き合うものなので、

今は自然の流れに身を任せています。

 

 

 

みなさんも、

自分ってどうなりたいかな?

どんな生き方をしたいかな?

 

そういうことを考える時間って

とても大切なので日々少しでも作ってみてください。

 

 

 

わたしは、

望む未来のための「今」を行き続けていく生き方が何よりも好きだし、とても素敵だと思うからこそ、

今そうやって生きています。

 

 

このブログを書いているのも、

自分が思い描く未来のための「今」なんです。

 

 

そうやって毎日を生きている人って少ないですから、

だからこそわたしはそう生き続けたいなと思います。

 

 

 

みなさんの「今」は、

未来の「何」に繋がっていますか?

 

 

 

ERENA