欲しいものは、すべて手に入る

Fate and fate can be overcome

誰にも頼れず「助けて」って言えなかったわたし

 

こんにちは、ERENAです。

 

最近自分の変化で嬉しいなと感じることがありました。

 

それは、

 

誰かに頼れるようになったこと

誰かに「助けて」って言えるようになったこと

 

この二つです。

 

 

 

今、コーチングを受けていて、

自分から急遽「追加セッションお願いします!」と依頼をすることがあるのですが、

コーチングの先生から「頼ってくれてありがとう」という返事をもらったときに、

 

わたしは

 

人を頼ること

人に助けを求めること

 

ができるようになったんだと気づけました。

 

 

そうなれたのも、

先生がとても信頼できる方であること、

信頼できる人間性を感じることができるおかけで、

出会えて嬉しいなと常々思います。

 

 

 

わたしは一番頼りたかった相手、

助けて欲しかった相手が母だったんですが、

一番苦しかったとき母に助けを求めたら、

 

「弱すぎる!

自分の好きなことばかりして!」

 

という返事だったんですね。

 

 

だから今までも頼れない性格だったのに、

より誰かに頼れない自分になりました。

 

 

頼ったら、助けを求めたら怒られる

 

 

という方程式が出来上がっていたんです。

 

 

 

あとは、

母に「こんなことをしたい」と伝えたり、

欲しい服を買ったり、美容院に行ったり、

全身脱毛をしてることを話すと、

 

「そんなお金あっていいわね!」

「自分のことを費やせていいわね」

 

そういう返しばかりで、

当時は何も感じてませんでしたけど、

昨日友人にそのことを話したら、

結構驚かれました。

 

 

母との関係性、会話を他者に話すことで、

 

これって普通じゃないんだ

 

ということに気づくようになりました。

 

 

 

助けを求める

頼ること

 

 

これをコーチングの先生を通して、

そして一昨日まで勤めていた派遣先の方たちを通して、

少しずつできるようになりました。

 

 

そうなれる私になれたこと、

そこを褒めてあげようと思ったし、

関わってくださっている方々には感謝しかないなと思っています。

 

 

 

頼りたいけど頼れない

助けて欲しいけど助けてって言えない

 

 

そんなママであり、

そういう苦しみをもって生きていた女性だからこそ、

同じように苦しんでる人の気持ちがわたしにはわかります。

 

 

なので、

今まさに昔のわたしのように苦しんでる人がいたら、ぜひご連絡ください。

 

 

なんて相談したらいいかもわからない

助けて欲しいけど何を助けて欲しいのか

それさえも言葉にできなくてわからない

 

そういう状態でも全然okです。

 

 

まずは体験コースで話を聞かせてくださいね。

いつでもお待ちしています。

 

体験コース申し込みはこちら

https://ws.formzu.net/sfgen/S81121119/

 

 


f:id:koot023:20200321183013j:image

 

 

 

ERENA